近頃、タイル張りのトイレや浴室を見かける機会がめっきり減った。「風呂場はタイル張り」が当たり前だった時代は過ぎ、今そのような風呂場を見かけると、そこはかとないノスタルジーを感じる。そして同時に、タイルの持つ感触を思い出すのである。冬は底冷えがしてたまらないのだが、夏はひんやりして気持ち良いのだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 近頃、タイル張りのトイレや浴室を見かける機会がめっきり減った。「風呂場はタイル張り」が当たり前だった時代は過ぎ、今そのような風呂場を見かけると、そこはかとないノスタルジーを感じる。そして同時に、タイルの持つ感触を思い出すのである。冬は底冷えがしてたまらないのだが、夏はひんやりして気持ち良いのだ。

 中国メディア・環球網は10日、「日本の100年前の古い建物にあるタイルで議論に ネットユーザー『技術がすごすぎる』」とする記事を掲載した。

 記事は、日本で100年前に造られたという建物の中にあるタイル張りの空間が多くのネットユーザーの注目を集めたと紹介。ネットユーザーたちは伝統的な技術が現代人の生活から徐々に失われつつあることに対して感慨を示していたと伝えた。そして、ネットユーザーが感慨を示した技術について「直角が全くないことが人びとを驚嘆させた。どのコーナーにも接合の跡や直角が存在しないのだ」と説明している。

 そのうえで、1枚で曲線的なコーナーを形成するタイルが「内竹」、「外竹」と呼ばれるものであり、日本では広く用いられているものであると紹介。一方中国の施工概念においては「一般的に使われることはない」とし、その結果「実に醜い接着面ができるのである」と解説した。

 タイルにしろ、レンガにしろ、歩道に敷き詰められたブロックにしろ、中国ではどこか歪んでいたり曲がっていたりするものをしばしば見かける。見える部分が綺麗に施工されていたとしても、見えない部分の作りが雑、というのもよくあることだ。妥協することなくより良いものを作る、というのが「匠の精神」には求められるのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)