バブル時代を連想してしまうものは?

写真拡大 (全2枚)

 近年、バブル期(80〜90年代)に流行っていた太眉メイク、クラッチバック(セカンドバック)、ハイウエストのパンツスタイルなどのファッションやメイクがブームになっている。携帯電話会社のテレビCMではディスコで踊るワンレン・ボディコンの田中美奈子に懐かしさを感じるひとも少なくないはず。平成生まれには何かと新鮮に映るバブル時代。近年ではファッションだけでなく当時人気だったものが復刻販売されるなどバブル懐古ブームが続いている。そこでOVO編集部は「あなたがバブル時代を連想してしまうものは何ですか?」という調査をしてみた。

 この調査は、ジュピターテレコム(J:COM)「インタラクTV」の投票機能を使って8月に実施したもので、743人から回答を得た。回答のトップは「ワンレン・ボディコン」45%。半数近くのひとが回答したワンレンは一定の長さに揃えた、当時女性に人気のヘアスタイル。バブルの象徴としてイメージするひとが多いようだ。最近の芸能人では「菜々緒」や「小雪」、バブル時代では「浅野温子」、男性では「武田鉄矢」、ホラーでは「貞子」のヘアスタイルといえばわかりやすいかもしれない。そしてワンレン・ボディコンに太眉メイクで向かう先といえば空前のブームだった「ディスコ」。その「ディスコ」が23%と続き、そして当時、「ポケモンGO」のように大流行した「たまごっち」が9%。続いて「DCブランド」6%、「ティファニーのオープンハート」4%、「コードレス電話」3%、「プールバー」3%、「ウォーターフロントのホテル」2%、「イタ飯」2%、「ティラミス・ナタデココ」2%という結果となった。

 バブル期は女性が強かった時代。一説によると景気が良くなると太眉メイクが流行するといわれ、メイクやファッションの流行には社会的な影響も存在するという。好景気で全てがゴージャスだったバブル時代。あなたが感じるバブルなものは何かな?