彼氏がほしくて、ほしくて仕方がない!

焦る気持ちを抑えきれず、彼から求められるままに、カラダの関係になっている人も少なくないでしょう。

こちらとしては真剣に付き合ってほしいのに、毎回、カラダだけの関係で終わってしまうなら、決して相手の責任だけではなく、あなたにも原因があります。

そろそろフラフラしてばかりいると、痛い目に遭いますよ!

そこで今回は、カラダの関係だけで恋が終わってしまう人の特徴をご紹介いたします。

周りに流されやすい

そもそも冷静に考えれば、告白もせずに、いきなりカラダの関係を求めてくるような人と本気で付き合いたいと思いますか? いくら彼氏がほしいとはいえ、そんな男と付き合っているほど、暇ではないでしょう。

毎回、カラダだけの関係で終わってしまっているのは、それだけ、あなたが周りに流されやすい証拠。

きっと心のどこかでは相手に対して疑問を感じているのに「まぁいいか」と彼のペースに巻き込まれてしまっているなら、かなり問題ですよね。

どんなに彼と素敵な雰囲気になっても、カラダの関係になるのは、付き合ってからの話。

「彼女でいいんだよね?」と催促したときに「まぁまぁ」とはぐらかす相手なら、それ以上、深入りしてはいけません。

恋愛体質である

大人になっても、恋する乙女は、どこまででも恋愛体質。

多少、ダメンズであっても男の人が側にいれば、問題点をすべてスルーしてしまいますよね。しかし、今はそれで二人の関係が成り立っているとしても、いつかは亀裂が生じるときが訪れます。

彼の彼女になろうと必死になってしまう気持ちは理解できますが、だからといって順番を誤ると大変なことに……。

わざわざ今すぐ恋愛体質を改善する必要はないものの、毎回、カラダだけの関係で終わっているなら、そろそろ今までの反省点をちゃんと振り返られなくてはいけません。

いつまでも男性のぬくもりだけを追い求めているような女では、なかなか素敵な男性は引き寄せられないでしょう。きちんとステップを踏んで交際してくれる人と出会えるように、中途半端な男との関係は、すべて断ち切って!

彼氏がいないことに焦りを感じている

30歳近くになって、彼氏がまったくできない状況は、かなり焦るもの……。

周りを見渡してみても、彼氏がいないというよりかは、結婚したり子どもを産んだりと、それぞれが新しいステージへと進んでいる時期。

しかし、どんなに彼氏がほしい気持ちが強くても、カラダの関係を許してはいけません。

そもそも、そんなオトコと付き合っても、あなたが苦労するだけ!

彼と“いい感じ”になっても、きちんと告白してもらえるまでは、しっかりガードを固めておきましょう。

そして焦る気持ちを自分自身でコントロールできるように意識してみて!

 

いずれは告白してもらえると思っている

毎回、カラダの関係にはなっているけど告白してもらえない……。

もし、そんな状況に陥っているなら、はっきり言って自業自得。

きっと本人からしてみれば「私のカラダを預けたんだから正式な彼女として認めてもらえる」という期待があったからこそ、彼とベッドインをしたのでしょう。

しかし、きちんと二人の関係を整える前に手を出してくるような男が一通り終えた後に、告白すると思いますか?

今、自分が置かれている状況を冷静に分析できないのは、大人の女性として、とても恥ずかしいこと。

「きっといつかは好きって言ってくれる」という安易な期待は、今すぐに捨てましょう。

状況に酔ってしまう

お酒を飲んだ勢いで彼と激しい夜を過ごしている。

カラダだけの関係で終わってしまう女性は、おそらくスリル満点の状況に酔ってしまっている部分もあるのでしょう。あまりにもドラマティックな展開すぎると、理性を失うこともしばしば……。

しかし、どんなに彼との一時が情熱的であっても冷静になった瞬間に、むなしさや不安があなたを襲います。現実を突きつけられる前に、自分の身は自分で守らないといけません。

20代のうちは、カラダだけの関係を楽しむのも一つの人生経験になります。しかし、さすがに30代・40代になって、こんなことをしていると、周りからは白い目でみられるでしょう。

中途半端な恋をしている間に結婚適齢期が過ぎてしまうほど、悲しいことはありません。

そろそろカラダだけの恋から卒業できるように、少しずつ自分の中の弱い部分を改善していきましょう!