金馬執委会提供

写真拡大

(台北 12日 中央社)台湾を代表する映画祭「台北ゴールデン・ホース・フィルム・フェスティバル」(台北金馬影展)の2016年版メインビジュアルポスターが10日、公開された。デザインは台湾映画の名作「クーリンチェ少年殺人事件」([牛古]嶺街少年殺人事件)からインスピレーションを得ており、主演を務めた俳優チャン・チェン(張震)の当時の姿があしらわれている。

デザインを担当したのはウォン・カーウァイ(王家衛)やアン・ホイ(許鞍華)など数々の名監督の作品ポスターを手掛けた経歴を持つホアン・ハイ(黄海)。今年はエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の「クーリン街」公開25周年にあたる上、デジタルリマスター版の製作で作品がよみがえったことにより、今回のポスターが生まれた。

ポスターには、当時14歳だったチャンが演じた少年「小四」が懐中電灯を手に、暗がりを照らす姿がデザインされており、作品への敬意が示されている。

11月4日から24日まで開催される金馬国際映画祭では、デジタル修復された同作が、上映時間約4時間におよぶ完全版で上映される。

同作は1991年に公開され、同年開催された第28回ゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)でフィクション映画作品賞とオリジナル脚本賞を受賞。チャンは史上最年少で主演男優賞にノミネートされた。同作は第4回東京国際映画祭でも審査員特別賞を獲得している。

(王靖怡/編集:名切千絵)