メイクやファッションに一切の妥協を許さない完璧な“美女”なのに、なぜか幸せな恋愛とは縁遠い女性もいますよね。幸せなラブを手にしたい思いは人一倍あるのに、なぜか付き合う男性とはいつも長続きできない……というパターンはスグにでも脱却したいもの。

でも、俗に言う“美人”なのにダメな恋愛ばかりつかんでいる女性は、やっぱり本人にも何か原因があるケースが多いんです。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、誰もが認める美女なのに本人が幸せを実感できない恋愛ばかりしている女性の、残念な特徴を3つお伝えしていきましょう。

■1:彼がいるのに他の異性からのモテを狙っている

「このひと!」と決めた相手がいるのにもかかわらず、まだそれ以外の異性からの気を惹きたくなってしまう女性は、恋愛がうまくいかないパターンが多め。

美女はモテる自分に慣れてしまっているので、ひとりの異性と完全に向き合うことよりもたくさんの男性から好かれている自分を求めてしまう傾向が……!

でも、恋人がいるのに他の男性にも媚びを売っている女性には本気になりにくいのが男ゴコロなんです。「彼の知らないところでしているから大丈夫」と思っていても、まとう雰囲気や風の噂でカレシの耳に入ることも多いんですよ。

幸せなラブをつかむ美女は、他の異性からのモテには興味がなく、カレシに100%向き合っているんです。

■2:派手すぎて“遊び人ビッチ”に見える

美しさを追求すると、ときに一般的には派手すぎるイメージの女性になっていることも……。

テレビの中のタレントや雑誌の中のモデルのように、バッチリメイクで着飾ってばかりのスタイルは、普通の男性から見て「この子、遊んでそう」という感想を持たれてしまうことが少なくないようです。

本当はマジメな清純派女子でも、外見のせいでちゃんとした男性が寄ってこなくなってしまうケースもあり、そもそもの相手選びで失敗しがちな傾向が!

イイ男性とちゃんとした恋愛をするならば、メイクやファッションは“盛る”ばかりではなく“引き算”をした美しさが必要ですよ。

■3:交際後に自分にふさわしいオトコかと悩み始める

“誰もが認める美人”はプライドが高くなりすぎてしまい、交際後にカレシのことを「彼は果たして“この私”にふさわしいのだろうか?」と悩み始めてしまう女性も少なくありません。

本来、人間の存在に優劣はないはずなのに、彼が何か失敗をしたり理想を裏切る行動をしたりすると「彼は私に見合わない男性」と決めつけ、気持ちが冷めてジエンドを迎えるケースです。

誰もが認める美女として、誰もが羨むイイ男をつかみたいっ!と気合いが入りすぎている弊害といえそうですね。

誰もが認める“美”は日々の努力の賜物でもあるはず。さらに、最初から完璧な男性なんてそうそう存在しないのです! 美人にもかかわらず恋愛だけ残念な結果を招くのはもったいなさすぎるので、心当たりがあったかたはぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

2位車内タバコより…運転手イラッ!「ドライブでムカつく事」1位は…