エレコムが強力オリジナルドライバーのイヤホン 「BLACK BLACK BLACK」シリーズ2タイプ4機種

写真拡大

  パソコン周辺機器などのエレコムはオリジナル・ドライバーを使ったイヤホン「EHP-CB200A」(市場価格3,500円前後)とリモコン/マイク付きの「EHP-CB200M」(同4,000円前後)、同じく「EHP-CB100A」(同2,000円前後)と「EHP-CB100M」(同2,500円前後)を発売した。耳孔に差し込みカナル(耳栓)型でCB200Aはレッド/ブラック/ブルーの3色、CB200Mはブラック/レッドの2色、CB100A/Mはブラック/ブルー/グリーン/レッド/オレンジ/ホワイトの6色から仕上げを選べる。

 エレコムはイヤホンなどのオーディオ関連機器にも力を入れていて、新モデルも自社開発のドライバーを使うが、CB200A/Mでは9.2mm口径ネオジムドライバー、同100A/Mでは8.0口径となるのが2タイプの違い。高分子フィルムにチタンコーティングした振動板素材は同じで、磁気回路も駆動力の元となる磁力を集中させやすい外磁型マグネットの設計になっている。ボディーハウジング内部は、振動板の背後に生じる余分な響きを拡散させるようにすり鉢形になっているのもポイント。イヤーチップは位置が前後に調整できるので、耳にしっかりフィットさせてリスニングできるようになっている。インピーダンス16Ω、本体重量は200A/Mが約10g、100A/Mが約4g。