専業主婦志向は1割に満たず 女性たちが働き続けたい理由は?

写真拡大 (全2枚)

 今働いているアラサーの女性の約9割は「仕事を続けたい」と考えており、専業主婦を希望する女性は1割に満たない―。こんな傾向が、キャリア志向の27歳女性のこれからのライフとキャリアについて調査・研究を行う「これからの転職。研究所」が行った『結婚・出産後のキャリア意識』についてのアンケートで明らかになった。

 アンケートは、首都圏に勤務する27〜33歳の女性を対象にインターネットを通じて行い、有効回答者数は200人。少子化の行く末は労働人口の減少。日本経済活性化のためには女性の社会進出が不可欠だが、当の女性たちはどう思っているのだろうか?結婚や出産を考えている女性のうち、「キャリアを途切れさせることなく継続的に働きたい」、「一時的に専業主婦(無職)になってもいいが、また働きたい」を合わせると、86.7%が「働き続けたい」意志を持っていた。一方で、「ずっと専業主婦でありたい」人は8.5%にとどまった。

 結婚・出産後も働きたい理由をたずねると、「キャリアを捨てたくない」、「将来の金銭的な不安」、「相手に依存せず自分でお金を稼ぎたい」などの理由が目立った。産後に育休を取りたい期間は、「1年以上、3年未満」が46.3%で最も多く、「6カ月以上、1年未満」が33.5%と続いた。赤ちゃんの時期の育児の時間は確保し、その後は自分のためにも家族のためにもしっかり働きたいという気持ちが表れているようだ。夫に一方的に頼るのではなく、自分も生活力を維持したうえで家庭を運営していきたいと思う女性が増えているのだろう。ひと昔前のように女性が「仕事か、子育てか」の選択を迫られる時代ではなく、男女問わず仕事も育児も当たり前にできる社会が求められている。