写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は8月10日、ケイ・オプティコムが運営するクラウドサービスに、メールの情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL」を提供すると発表した。これに伴い、キヤノンITSではGUARDIANWALLを活用したサービスを開発、販売するサービス事業者向けに、8月下旬より技術支援を展開する。

GUARDIANWALLは、メールフィルタリングや誤送信対策、メール監査などの機能を備え、メールからの情報漏えいを防ぐセキュリティシステム。

ケイ・オプティコムでは、自由にアプリケーションを組み合わせられる法人向けクラウドサービス「ユーティリティクラウド」を2015年10月から提供しており、サービスラインアップの強化として、メールの情報漏えい対策メニュー「Mailフィルタリング」を2016年8月1日に追加。今回、そのエンジンにGUARDIANWALLを採用した。

キヤノンITSでは、Mailフィルタリングサービスの提供開始にあたり、安定したサービス運用を行うための環境構築においてケイ・オプティコムに技術支援を行った。また、今後のサービス強化に向け、ケイ・オプティコムからの要望を取り入れた製品開発を進めていくとしているほか、クラウドサービス利用が拡大していく状況を見据え、サービス事業者のメールセキュリティのメニュー拡大に協力していくという。

今後、市場ニーズを取り入れた製品開発と積極的な技術支援などを通じ、中小企業から大企業まであらゆる顧客企業向けの総合情報漏えい対策ソリューションとしてGUARDIANWALLの機能強化およびパートナーを含めた販売拡大を展開していき、2020年には、GUARDIANWALLを中核としたセキュリティ事業で売上高100億円を目指すとしている。

(山本明日美)