器からこぼれ落ちそうなパフェが人気。門司のフルーツパーラー「モーンデレトロ」

写真拡大

福岡・門司区にある「Fruit factory Mooon de Retoro(フルーツファクトリーモーンデレトロ)」は、果物専門店直営のフルーツカフェ。みずみずしい季節の果物をたっぷり使ったパフェが人気を集めています。この夏味わえるおすすめのフルーツパフェをご紹介します。

歴史的建造物が残る門司港レトロ地区にあるカフェ

JR門司港駅から徒歩5分。明治から大正時代に建てられた建物が点在する「門司港レトロ地区に、「Fruit factory Mooon de Retoro」はあります。赤レンガや御影石を使った外観が印象的な旧門司税関に併設されています。

中に入ると、白を基調とした明るい店内。窓からは、船付き場やはね橋となどが見える港らしい海の景色が広がっています。

季節のフルーツ7種が入ったよくばりパフェ「デラックス」

旬のフルーツ7種をぜいたくに食べられるのが「デラックス」。夏の時期はオレンジやグレープフルーツ、メロン、キウイ、パイナップル、リンゴ、サクランボなど。みずみずしい果物が器からあふれんばかりに盛られています。日によって、マンゴーやスイカなどが入ることもあるそうです。

季節限定の「桃」は今だけ

国産の桃をふんだんに使った桃のパフェは、その時々で黄桃や白桃など、桃の種類が変わります。柔らかくて甘みのある桃に、下の層には果物に合わせた特製フルーツジュレが入っています。

ほかにも巨峰やメロンのパルフェなど、その時期にしか食べられない季節限定メニューがありますよ。

フルーツ商品も充実

店内にはフルーツ商品も豊富にとりそろえています。カップ入りのドライフルーツは、りんご、パイン、枝付干しぶどうなど12種がそろっています。

自家製工場で生産したジャムも人気です。蓋に門司港レトロがデザインされたオリジナルパッケージでおみやげにも最適。いちご、イチジク、桃、ぶどうのジャムなど、こちらも種類豊富で、3つのサイズから選べるのも魅力です。

いよいよ夏本番です。フルーツがもつビタミンや酵素をたっぷり補給して、夏バテしないようにエネルギーチャージしてくださいね。

ことりっぷの最新記事