日本では公共の場所でもとても静かだ。地下鉄、バス、銀行のロビーなどどこに行っても全ての人が小声で話し、他人に迷惑をかけることを恐れる。大声で騒いだりする光景はほとんどなく、日本人は日常生活のいたる場面で「静寂」を貫いている。

写真拡大

日本では公共の場所でもとても静かだ。地下鉄、バス、銀行のロビーなどどこに行っても全ての人が小声で話し、他人に迷惑をかけることを恐れる。大声で騒いだりする光景はほとんどなく、日本人は日常生活のいたる場面で「静寂」を貫いている。生命時報が伝えた。

一般的な日本人の考え方として、自分のことは自分でやり、他の人に迷惑をかけないというものがある。大きな音を立てて周りの人に迷惑をかける行為は、日本人のルールの中で絶対にやってはならないことになっている。日本人は公共の場所で大きな音を立てないように細心の注意を払っている。ビルやエレベーター、レストランなど、いかなる公共のスペースでも、日本人は大声で談笑したり、電話やおしゃべり、笑ったりしない。連れの人と低い声で一言二言話すか、偶然出会った知り合いに会釈してあいさつするくらいだ。多くの女性はハイヒールを履いているが、ハイヒールで床を歩くと「コツコツコツ」という音が響いてしまう。この問題を解決するために、日本のほとんどの公共の場所にはカーペットや絨毯敷きの床となっており、人の足音を小さくしている。一部の室内の公共スペースにはじゅうたんを敷いていないところもあり、そういう場所は騒音の問題に配慮し防音タイルが使われている。

オフィスでも社員全員ができるだけ音を立てないようにして、静かな職場の雰囲気をつくりあげることに努力している。日本人はビジネスマナーを重視しているので、男女問わず出勤の際には革靴を履き、歩くときの足音を立てないようにしている。また、オフィス内ではサンダルを履き、歩くときは静かなだけでなく、気持ちよく過ごせるように配慮している。さらに、日本のサラリーマンがオフィスで履くスリッパも派手なデザインのものではなく、簡素で落ち着いたデザインで、足のほとんどの部分を覆うようなサンダルで、男性社員はほとんどが黒や茶色、女性社員のほとんどは白か深緑色となっている。

オフィス内では各種設備が立てる音に対しても配慮がされている。コピー室は防音処理され、コピー機を使う人も部屋のドアを閉めて使用する。「騒音マシン」ともいえるエアコンに関しては、日本企業は毎週エアコンのフィルターを徹底的に掃除し、ほこりが詰まって音を立てないようにしている。コーヒーメーカーがうるさい音を立てないようにするために、日本人はコーヒーを作る際、発泡スチロールをコーヒーメーカーに付けて吸音させる。さらに、日本のほとんどの企業にはいくつか防音室が設置されており、その部屋は四方を二層の真空ガラスで囲んである。顧客との電話でのやり取りや同僚とビジネスの相談をするときなどに、防音室を使うことで公共の場所で話すことを避けるようにしているのだ。

日本人は静かな環境に秩序が生まれ、秩序が効率を生み出すと考えている。このため、日本の公共の場所では、人々は静寂を保ち、神経を集中させ、さまざまな問題を迅速に解決している。(提供/人民網日本語版・編集/YK)