観測データに近似したシミュレーション

写真拡大

理化学研究所、情報通信研究機構、大阪大学らの国際共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」と最新鋭気象レーダを生かした「ゲリラ豪雨予測手法」を開発した。

ゲリラ豪雨はわずか数分の間に積乱雲が急激に発生・発達して起きる。従来の観測方法では、空間的には1キロより粗く、観測データも1時間単位のものを利用して予測していた。しかし、これではゲリラ豪雨を引き起こす積乱雲を十分に解像できなかった。

国際共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」と最新鋭気象レーダ(フェーズドアレイ気象レーダ)の双方から得られるデータを組み合わせ、空間的に100メートル単位、時間的には30秒毎のデータを使うという革新的な天気予報シミュレーションを実現し、実際のゲリラ豪雨の動きを詳細に再現することに成功した。

また、この手法によって30分後までのゲリラ豪雨の動きを予測できるという。

しかし、実用化に向け課題も残っている。本研究では、30秒ごとのデータを本来30秒以内にシミュレーションを完了しなければならないがおよそ10分かかっている。これをクリアできれば高精度かつリアルタイムなゲリラ豪雨予測を実現できるという。

本研究成果は、8月末に米国の科学雑誌『Bulletin of the American Meteorological Society』(8月号)に掲載される予定。

動画サイトYouTubeにて「「京」を用いたシミュレーションによるゲリラ豪雨の再現 」の動画が掲載されている。