地獄に落ちちまえ!! 男性が思う「嫌な上司」10選

写真拡大

「ステキな上司」の下で働きたいのに、現実に自分の上司を見てみると……「なんて嫌な上司!」と思うことはありませんか? 上司が嫌な人だと、つい「そろそろ転職かなぁ」なんて考えも、頭に浮かんできてしまいますよね。とはいえ「嫌な上司」とは、具体的にどのような存在なのでしょうか。働く男性の周囲に実在する、「嫌な上司」の特徴を教えていただきました。

■自己保身最優先!

・「上の人間にゴマをすることばかり考えていて、都合が悪くなると部下のことを売る」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「部下の手柄を横取りする。自分の指示したことでミスがあると、自分はそんなことは言っていないと言う人がいた」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分を守るためなら、平気で部下を売り飛ばす!? まさに「ステキ上司」とは正反対の存在です。ここまでは順調に出世できたかもしれませんが、これから先も同じとは限りません。いつか部下に足をすくわれる日が来るのでは?

■仕事しない

・「人には、休憩なしで働かせるのに、自分は毎日3時間近く休憩をとっている上司」(32歳/機械・精密機器/その他)

・「話を聞いてくれない。仕事をしない。スマホで遊んでばかり」(34歳/医療・福祉/専門職)

上司なのに仕事ができないのは、かなり困った問題です。結局、自分の判断で仕事を進めるしかないのですが、「上司の存在っていったい!?」と思ってしまう瞬間ですね。

■頭ごなし

・「相談したことや提案したことをすべて否定で返答してくることがあった。意見を言うこともしたくなくなった」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「人の意見をひとつも聞かないクセに自分の意見が通らなければうるさい」(27歳/自動車関連/その他)

頭ごなしに、部下の意見を退けてばかりの上司にうんざり! 恐らく、上司のプライドを守るためでもあるのでしょう。腹が立つ気持ちもわかりますが、上手に操るスキルを身につけるのがオススメかも?

■強制飲み会

・「飲み会やイベントなどに参加させ、余興などを強制にやらせる」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「月に一回○○会と称して、自分中心のパワハラ会を実施する」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

上司との飲み会は、仕事の延長。「今日はパスしたいなぁ」と思う日だってありますよね。強制的な余興がセットであれば、なおさら! とはいえこんな残念上司、断ったら速攻で目の敵にされそうです……。

■ケチ……

・「なんでも割り勘で会計になったら逃走する」(32歳/自動車関連/その他)

・「もらいたばこを頻繁にくりかえす」(34歳/その他/技術職)

「上司=おごるべき」というわけではありませんが、余りにもケチだとちょっと……と思う方も多いようです。「会計時に逃走」は論外! 上手な支払いで、部下のモチベーションをアップさせてくれるとうれしいですよね。

■まとめ

今現在、嫌な上司との関係に悩んでいる方は少なくないことと思います。みんなの意見に共感できればできるほど、「転職のとき」は近いのかもしれません。とはいえ、「嫌な上司」はどこの世界にも存在するもの。ただ単に避けるのではなく、自分なりに接し方の工夫をすることで、仕事ライフも大きく変わるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数201件(25〜35歳の働く男性)