文芸誌『ユリイカ』でアイドルアニメを特集 キンプリ制作陣による座談会も

写真拡大

青土社は8月12日(金)、アイドルアニメを総特集した文芸誌『ユリイカ』2016年9月臨時増刊号を発売しました。口コミで人気を集めた「KING OF PRISM by PrettyRhythm」については、監督の菱田正和さん、プロデューサーの西 浩子さんと依田 健さんがそろって鼎談(ていだん)。同作で声優を務めた増田俊樹さんと武内駿輔さんへのインタビューのほか、さまざまなアイドルアニメをテーマにした有識者のエッセイや論考を収録しています。価格は1,600円(税別)です。

「『ユリイカ』でアイドルアニメ特集 」の写真・リンク付きの記事

▽ 青土社 ||ユリイカ:ユリイカ2016年9月臨時増刊号 総特集=アイドルアニメ

『ユリイカ』2016年9月臨時増刊号では、「アイドルマスター」「ラブライブ!」「アイカツ!」「KING OF PRISM by PrettyRhythm」といった“2次元アイドル”を取り上げ、人気の秘密や文化を探ります。「『KING OF PRISM by PrettyRhythm』という奇跡 プリズムスタァのきらめきを追いかけて」と題した座談会では、“キンプリ”の愛称で親しまれている人気アニメ映画「KING OF PRISM by PrettyRhythm」をテーマに制作スタッフがトークを展開。同作の関連作品でもあるアニメ「プリティーリズム」「プリパラ」をテーマにしたコラムも用意されています。

「歌姫のもたらす希望」と題した項目では、歌が鍵となっているSFアニメ「マクロス」シリーズを中心にした寄稿やインタビューを収録。「次元を超えるアイドル」とのテーマでは、「二・五次元作品としての『AKB0048』」「アイドル、スター、そして都市 『サクラ大戦』から見える風景」など1つの次元にとらわれないアイドルの動きが語られます。詳細は上記ページをどうぞ。