ブラジルで開催中のリオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)の卓球女子シングルスの3位決定戦で、福原愛選手は北朝鮮のキム・ソンイ選手に敗れ、惜しくもメダル獲得はならなかった。日本では福原選手の健闘を称えつつも、メダルを逃したことに落胆の色が広がったが、それは中国でも同様だ。

 福原選手は中国で圧倒的な知名度と人気を誇る日本人だが、なぜ福原選手は中国でこれほど愛されるのだろうか。中国メディアの一点資訊はこのほど、福原選手は日本と中国の両国で愛される選手だと伝えつつ、中国で愛される理由を考察している。

 記事は、福原選手がリオデジャネイロ五輪の3位決定戦で惜しくも敗れた時、「中国の卓球ファンのほぼすべてが福原選手の結果を哀惜し、元気づけたいと思ったはずだ」と指摘し、中国人が福原選手を愛するのは「福原選手が泣き虫なところが心をくすぐる」ためであると論じた。

 さらに、中国卓球界の強さも理由の1つであるとし、卓球界に余裕と懐の深さがあるからこそ、挑戦者である福原選手を愛することができると主張。日本人は学ぶことに長けた民族であり、古くから強者に学び続けてきた民族であるとし、福原選手が中国で卓球の腕を磨いたこともそれを示す事例であると同時に、中国卓球界の強さを証左する事例であると論じた。

 つまり、福原選手の存在は中国人にとって中国卓球界の強さに対する自尊心を満たしてくれる存在であるとの見方を示し、こうした要素もあって中国人は福原選手を愛しているのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Chavana Amornariyakool/123RF.COM)