10日、韓国の京畿道教育庁は、日本植民地時代の名残がある道内の学校名を変更するほか、愛国朝会(朝礼)や「気をつけ・礼」など「日帝式」の慣習についても学校から一掃していく方針を明らかにした。写真は韓国の学校。

写真拡大

2016年8月10日、韓国の京畿道教育庁は、日本植民地時代の名残がある道内の学校名を変更するほか、愛国朝会(朝礼)や「気をつけ・礼」など「日帝式」の慣習についても学校から一掃していく方針を明らかにした。韓国日報などの韓国メディアが報じた。

京畿道教育庁の李在禎(イ・ジェジョン)教育監(教育委員会委員長に相当)は10日、「行政区域の名称や『東西南北』『中央』『第一』を学校名に使う日帝残滓(ざんし)に対する不満が学校長らから出ている」とし、3年後の3.1独立運動100周年を前に、こうした学校名のほか「学校における職級名、慣行などを清算する計画だ」と述べた。

道が道内2385校の校名について調査した結果、行政地名や方位のついた名前が大半で、「地域の意味や歴史を反映した教育的意味を持つ校名」は543校、22.8%にすぎなかったという。また漢字語ではない純粋韓国語の校名は138校のみだった。

道関係者は「日帝時代には第一、第二、中央、東西南北など、序列などから便宜的に校名をつける慣習があり、こうしてつけられた名前がいまだに残っていた。地域の特性や歴史性を反映した校名に変えられるよう、手続きなどをまとめたマニュアルを配布する計画」としている。

また道教育庁は、朝礼や訓示、「気をつけ・礼」など、日本が市民教育のために持ち込んだ慣習や、「奨学官」「奨学士」(いずれも教育事務を行う公務員)など植民地時代に監視・監督を担当した職級名や慣行も変更するという。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「こういうことはもっと早くやってくれ!いまだにこんなことをしてるなんて、いつ日本から解放されたと思ってるんだ?」
「当然の対応だ」
「名前も早く変えて、親日派も早く清算すべき」
「僕は中央中学、第一高校出身なんだけど、母校の名前が全部なくなっちゃうのか」

「『中央大』も『真ん中大』に変えよう」
「一度国を失うと、こういうことが本当に長く続くんだなあ」
「そうだね。慎重に、二度と手を出されないようにしよう」
「学校名が日本の名残とは知らなかった」

「でもほとんど最近になって作られた学校の話だよね?それも日帝の残滓なのか?なくすのはいいことかもしれないけど、税金の無駄遣いはやめてほしい」
「つまらないことを…。どうせ『中央中』を『セントラル中』とでも変えて満足するんだろうな」
「東西南北をなくすということは、住所名の『東区』とか『南区』とかも全部変えるのか?それはさすがにどうかと思う」(翻訳・編集/吉金)