フロでおならすると大腸菌もお湯に溶ける

写真拡大

 後味の悪い読後感だけど、その後、思わず他人にいいたくなること間違いなし! いつもは「知っておくべき情報」をお届けする本誌が、今回に限り「知らないほうが幸せだったかもしれない」雑学を取材しました。若干尾篭なお話もありますが……。

●ワイキキビーチの砂はオーストラリアからの輸入品

 ハワイ・オアフ島にあるワイキキビーチは、元々は砂浜ではなく水田などがある湿地帯だった。「人工ビーチなので、補充しないと砂浜が波にさらわれて小さくなる。そのため、今でもオーストラリアなどから砂を輸入している」(産業技術総合研究所研究員の須藤定久氏)。

●糞の雑菌はトイレットペーパーを貫通する

 日本トイレ協会の報告によれば、「大腸菌群はトイレットペーパーを何枚通過するか?」という実験において、ようやく大腸菌群が検出されなくなったのは36枚使用時。お尻を拭いた後の手は相当汚い。

●フロでおならをすると、大腸菌もお湯に溶ける

 おならを1回すると、数千から数万もの大腸菌が一緒に噴出するといわれている。湯船の中でおならをすれば大腸菌がお湯に溶けてしまうが、ごく微量なので飲むなどしないかぎり人体に影響はない。

●イカの10本の足のうち1本は「生殖器」である

「雄のイカの足には、精子の入った精包を雌にわたす『交接腕』がある。交接腕の本数は1〜2本で、種類によって異なる」(函館市水産・海洋センターの桜井泰憲氏)。

●生物学上、タラバガニはカニではなくヤドカリ

「エビ、カニ、ヤドカリなどの甲殻類の種類(エビ目)は尻尾が長いエビ亜目、足が10本のカニ亜目、足が8本のヤドカリ亜目に分かれる。タラバガニは足が8本なので分類上はヤドカリの仲間になる」(甲殻類に詳しい東京海洋大学の浜崎活幸・准教授)。

イラスト■和田海苔子

※週刊ポスト2016年8月12日号