熱中症、高齢者は室内でもなりやすく、死に至ることも…(※イメージ)

写真拡大

 猛暑が続くと気になるのが「熱中症」だ。運動時や野外の作業時はもちろん、注意したいのは「古典的熱中症」という。気温だけでなく湿度も誘因になる。特に、高齢者は室内でもなりやすく、死に至ることも。疑わしきは即対処。早期認識、早期治療で重症化を防ごう。

 いまや亜熱帯、とも言われる日本の夏。気温35度以上の猛暑日や最低気温25度以上の熱帯夜の日数は毎年のように更新を続け、都心ではヒートアイランド化が進む。厚生労働省の診療報酬明細書をもとに分析した「レセプトデータを用いた最近5年の熱中症患者の推移(2010〜14年)」によると、熱中症で医療機関を受診する症例は、例年30万人程度で推移。70歳以上は70歳未満に比べ入院率は3倍、死亡率は6〜10倍に上る。高齢者ほど熱中症の発症割合は高い。

 熱中症は、高温環境下での発汗による脱水症と臓器の高体温が主な原因で、体内での熱の産出と熱の放散のバランスが崩れて、体温が著しく上昇した状態だ。

 帝京大学医学部附属病院救命救急センター長の三宅康史医師によれば、熱中症は大きく分けて二つの種類がある。一つが屋外の暑熱環境下で運動や作業をして自らも熱を作り出している「労作性熱中症」。子どもが運動中に具合が悪くなったり、農業従事者が農作業中に倒れたり、というパターンがこれに当たる。

 一方、高齢者では男女ともに注意すべき熱中症が「非労作性熱中症=古典的熱中症」だ。

「非労作性熱中症は、高齢者を中心に、屋外、屋内にかかわらず、暑熱環境にいただけで発症する。高齢者は数日続く真夏日と熱帯夜によって徐々に体力が低下し、疲労が蓄積。脱水が進行し、熱中症に持病なども加わることで悪化し体調を崩すので入院になりがちです」(三宅医師)

 高齢、独居、日常生活動作の低下、精神疾患や心疾患などの基礎疾患があると熱中症関連死に対する独立危険因子となる。

 熱中症の典型的な症状は、軽いものでは筋肉の痛み、こむら返り、四肢の脱力やしびれ、めまいなど。さらに進むと、頭痛、嘔吐・下痢、強い疲労感、軽い意識障害などが起こる。最重症となると、昏睡、ショック症状、全身けいれんなど。つまり、「熱中症は特徴的な症状はないと言ってもよい。(蒸し)暑い環境下での体調不良はどんな症状でも熱中症の可能性がある」(同)から厄介だ。しかも、高齢者は24時間「いつでも熱中症にかかる可能性がある」という。

 熱中症を防ぐには日常生活における注意が基本。脱水対策が予防につながるため、まず脱水症にならないように「塩分・水分をとる」ことを心がけたい。

「三度の食事で水分をとるほかに、個体差もあるので一律ではありませんが、1時間ごとに100ミリリットルを目安に水やお茶など水分をこまめにとる。経口補水液は塩分や糖分が入っているので熱中症かなと思った場合に利用するといい」(同)

 熱中症は発汗で水分だけでなく、電解質(ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど)も失われるため、水分とともに適切な電解質の補給が重要になる。経口補水液なら下痢や嘔吐などの症状があっても、電解質を取り込みやすいため効果的だ。

 経口補水液はいまや各社から販売され、ドラッグストアなどで手軽に購入できるが、成分には各社違いがある。例えば、医師や薬剤師の指導のもとでしか購入できない、日本で唯一、消費者庁から病者用食品の表示許可を得ている大塚製薬の「OS‐1」はナトリウム濃度が高めで100ミリリットルあたり115ミリグラム。脱水症の中等〜重度に適している。また、味の素の「アクアソリタ」の同濃度は100ミリリットルあたり80ミリグラム。日常的な前脱水ケアなら塩分量が少ないほうが適しているという。味の素の栄養ケア食品事業担当の山口敬司さんは言う。

「アクアソリタは薬との飲み合わせは一般的には影響しませんが、脱水状態に合わせて少量をこまめにとることを勧めています。また、アクアソリタは体液より浸透圧が低いハイポトニック(低浸透圧)飲料なので、水分や電解質が体内に浸透しやすい。寝る前にコップ1杯飲んでいただくと夜間の脱水症対策にも効果的です」

 もっとも通常の水分・電解質補給であれば、市販のスポーツドリンクでも十分という。ただし、糖分が多いので飲みすぎには注意が必要だ。経口補水液は水1リットルに食塩2グラム、砂糖20〜40グラムを加えて作ることもできる。ちなみに梅昆布茶や味噌汁などもミネラル、塩分が含まれているため熱中症の予防に有効だ。

 水分補給のほか、高齢者が心がけたいことは、「無理をしない、無理のない計画を立てること」と三宅医師。旅行や行楽地に出掛けることはもちろん、日中の行事参加や孫に付き合うような外出も無理しないことが肝心だ。日中にバスや電車など公共交通機関で移動しただけで夜になってから具合が悪くなることがあるという。外出してもコンビニなどの利用で暑さを避けたり、服装で工夫したりしよう。

週刊朝日  2016年8月19日号より抜粋