『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方』(安藤美冬/SBクリエイティブ)

写真拡大

 不安や焦りから行動する、今の環境を人のせいにする… そんな状況から抜け出すきっかけは、自分でつくれる。踏み出す勇気は、「習慣」から生まれる―。

 大手出版社を退社後、フリーランスとして国内外を飛び回りながら活躍中の安藤美冬が、その行動力の「育て方」についてまとめた『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方』が、2016年7月27日(水)に発売された。

 会社を休職中のある日、安藤は書店でふと見つけた世界的ベストセラー『7つの習慣』を読み、著者コヴィー博士の説く「成功のための原則」から、いかに自分が真反対に生きて「悪習慣」だらけだったのかと気づき、本に書かれていることをすべて実践しようと決意したそうだ。

 同書では、安藤自身が実践していることを、新たな「行動習慣」として紹介している。特に、SNSや日々の様々なことに振り回されてしまいがちな毎日の中で、いかに「自分自身であること」を保ち行動につなげるかについての習慣もあり、今まで『7つの習慣』に興味のなかった人や、『7つの習慣』を読んだけれども、書いてあることが難しい、実際にどう毎日に活かしていいのかわからない、という人にもお勧め。すべての項目にすぐ実践できる1ステップアクションも掲載されている。


安藤美冬
株式会社スプリー代表。1980年生まれ、東京育ち。株式会社集英社を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した、肩書や専門領域にとらわれない独自のワーク&ライフスタイルを実践、注目を浴びる。月間4,000万PVを記録する人気ウェブメディア「TABI LABO」エッジランナー、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるほか、商品企画、大学講師、コメンテーター、広告&イベント出演など幅広く活動中。

※掲載内容は変更になることがあります。