独身男性にリサーチ! 「長続きするカップル」と「長続きしないカップル」の決定的な違い

写真拡大

彼氏ができても、なぜか半年を前に振られてしまう。そんな悩みをお持ちの女性は少なくないのでは?

声だけで、彼の心を惹きつける! 簡単「モテ声」テク【動画レッスン付き】

実はそれ、あなたの付き合い方にちょっとした問題があるかもしれません。
そこで今回は、独身男性たちへのアンケートを参考に、「長続きするカップル」と「長続きしないカップル」の決定的な違いを探ってみましたよ!

1:デートの回数は無理のない範囲か

「どんなに好きな相手でも、適度な距離感って大切だよね。毎日ベタベタしていると飽きやすい気がする。お互いのプライベートな時間を大切にしながら、たまに会うのがベストかな」(28歳/IT)

趣味や友人との付き合いなど、相手のプライベートな時間まで拘束するようなデートをしたら絶対ダメ! 初めのうちは付き合ってくれた優しいカレも、あなたのわがままに振り回されて、次第に別れを意識してしまいますよ。

適度なデートの感覚が分からないときは、二人で「週に何回くらい会いたいか」相談してみましょう。

お互いに心地よい距離感をキープすれば、自然と長続きするはずです。

2:共感できるポイントがあるか

「他人なんだから考え方が違って当たり前。問題なのは、共感できるポイントがどれだけたくさんあって、受け入れようという姿勢が見られるかでしょ!」(29歳/金融)

付き合ったばかりの頃は「好きなら何でも許せちゃう! 」と思っていた二人でも、付き合いが長くなるにつれて、考え方の違いに苛立ちを感じたり、なかなか共感してもらえないことに嫌気が差すもの。

そんなとき、「どうして理解できないの? 」と怒りをあらわにしたら、相手をガッカリさせるだけですよ。

「あなたの言っていることはよく分かるわ。でもね……」とカレに寄り添う姿勢を見せることを忘れずに!

3:相手の前で“素”を見せられるか

「いい意味で気を遣わずにいられる関係になったら、夫婦になれるのかも。嫌われることを恐れずに、素の自分を見せるってなかなかハードルが高いけどね」(31歳/公務員)

付き合う前は、ちょっとでも自分をよく見せようと猫をかぶっているもの。
でも、いつまでもそのままでは、お互いに息詰まってしまいますよね。

ずっと一緒にいたいと思うなら、等身大の自分を受け入れてもらう必要があります。
過度な演出をせずに、カレと向き合うように心がけてみて!

4:相手に期待しすぎない

「他のカップルと比較したり、相手に期待しすぎると『なんで?』『どうして?』が多くなるから、初めから期待しないで向き合うくらいがちょうどいい」(29歳/建築)

あなたの理想を押し付けたり、友達のカレと比較したり、相手に期待しすぎると「どうしてこうなるの?」「こんなこともしてくれないの?」とイラッとする瞬間があるものです。

たとえ気に入らないことがあっても、笑顔でありのままのカレを受け入れる姿勢が大切です。
ただし、悪いことや改善してほしいことは納得できる理由を添えて、ビシッと指摘して!

おわりに

いかがでしたか? いつも半年も経たずに振られてしまう女性は、思わずドキッとする項目があったのではないでしょうか。

長続きするカップルは、目先の出来事にギャーギャー騒いだりしないものです。
もっとカレを信用すると、違った世界が見えてくるかもしれませんね。

(取材協力)
・20〜30代独身男性

(ライター:mook)