<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 初日◇11日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>
 112年ぶりの復活となるリオ五輪男子ゴルフ競技が開幕。日本代表として大舞台に挑む片山晋呉、池田勇太の初日はともに“74”の3オーバーとなり、50位タイと出遅れた。
【関連】リオ五輪フォトギャラリー
 首位に立ったのは、9バーディ・1ボギー“63”のビッグスコアを叩きだした、オーストラリアのマーカス・フレイザー。3打差で続くのはカナダのグラハム・デラートと、今年の全英覇者で今大会の金メダル候補、スウェーデンのヘンリック・ステンソン。
 また4アンダー・4位タイには、4番パー3でホールインワンを達成した英国のジャスティン・ローズほか5選手が並んでいる。
 注目の米国代表の2名、“世界一の飛ばし屋”バッバ・ワトソンと“日本にルーツを持つ”リッキー・ファウラーはそれぞれ2オーバー・42位タイ、4オーバー・56位タイと下位に沈んでいる。
【初日の順位】
1位(-8):マーカス・フレイザー(豪州)
2位T(-5):グラハム・デラート(カナダ)
2位T(-5):ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)
4位T(-4):トーマス・ピータース(ベルギー)
4位T(-4):グレゴリー・ボーディ(フランス)
4位T(-4):アレックス・チェイカ(ドイツ)
4位T(-4):ジャスティン・ローズ(英国)
4位T(-4):ラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)
42位T(+2):バッバ・ワトソン(米国)
50位T(+3):片山晋呉(日本)
50位T(+3):池田勇太(日本)
56位T(+4):リッキー・ファウラー(米国)
<ゴルフ情報ALBA.Net>