3オーバーで初日を終えた片山晋呉(撮影:福田文平)

写真拡大

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 初日◇11日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>
 リオ五輪で112年ぶりの復活となるゴルフ男子競技がこの日開幕。日本代表の片山晋呉が第1ラウンドを終了し、3オーバーと出遅れる形となった。
【関連画像】リオコースの不思議!バンカーにはフクロウが掘った穴が…
 片山は前半9ホールで2バーディ・1ボギーの1アンダーとするが、後半の立ち上がり10番でボギーとすると13番パー4で痛恨のダブルボギー。15番でも落として“74”で18ホールを終えた。
 もう一人の日本代表、池田勇太も1バーディ・4ボギーの3オーバー“74”。日本勢2選手の記念すべき大舞台での初日は苦しい展開となった。
 また首位はオーストラリアのマーカス・フレーザー。“63”のビッグスコアをたたき出し、8アンダーとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>