10日、韓国が中国の反対を押し切り米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたことで、中国が報復行動の一つとして韓流の締め出しを行うと報じる韓国メディアが数多い。資料写真。

写真拡大

2016年8月10日、韓国が中国の反対を押し切り米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたことで、中国が報復行動の一つとして韓流の締め出しを行うと報じる韓国メディアが数多い。韓国を含め海外メディアの反応を環球時報が「韓流が寒流に、中韓衝突で韓国芸能人が犠牲?」と題し紹介した。

韓国・中央日報は、「8日に北京で行われた座談会に韓国の議員が参加し、中国の学者は『THAAD配備を受け、中国は韓国に対し各種の制裁措置を取るだろう』と発言した」と伝え、中国の学者の発言を「脅迫に近い発言」と指摘した。

米紙ニューヨーク・タイムズは「THAADの配備に不満の中国が韓流に矛先を向けた」と報道し、すでに関連イベントがキャンセルが相次ぎ韓流が中韓衝突の犠牲となっていると報じている。

さらに英紙フィナンシャル・タイムズは、中国の韓流締め出し報道の影響で、韓国の大手芸能事務所の株価が大幅に下落したと伝え、中国の専門家の発言として「韓流の中国での生存は、中国の韓国に対する積極的な態度の上に成り立っている。THAADはこうした基礎を破壊した」を紹介した。韓流の締め出しについて中国側は明確な態度を示していないが、今や韓流にとって中国はなくてはならない重要な市場なだけに影響が懸念されている。(翻訳・編集/内山)