Doctors Me(ドクターズミー)- 知らないと骨折り損...?骨粗しょう症の治療薬・注射の注意点

写真拡大

「骨粗しょう症」の名前を聞いたことあるかたは多いかと思いますが、50歳以上の女性の3人に1人がかかっている事実をご存知でしょうか。
悪化してしまうと将来寝たきりになってしまうこの恐ろしい病気、主な治療として、「ビスホスホネート製剤」と「プラリア皮下注」が挙げられます。

しかし上記2つの治療法は注意をしないと思いもよらない副作用に悩まされる危険もあります。今回のテーマは「骨粗しょう症の治療」についてです。

骨粗しょう症の治療方法 ビスホスホネート製剤

ビスホスホネート製剤は骨粗しょう症の治療のほか、腫瘍の骨転移や変形性骨炎などの治療に用いられる医薬品であり、メカニズムとしては破骨細胞の活動を抑え、骨が吸収されるのを防ぐというものになります。

経口投与、あるいは静脈内注射の形で投与されます。半分は腎臓を経て体外に排出され、もう半分は骨の表面にくっつくといわれています。

骨粗しょう症の治療方法 プラリア皮下注

プラリア皮下注の主成分はデノズマブと呼ばれるもので、名前の通り皮下注によって投与されます。60咾6カ月に1回投与することによって十分な効果が得られるという薬剤です。

作用するメカニズムとしてはRANKLと呼ばれる骨吸収に関係する物質を特異的に阻害することによって、破骨細胞を作らせないようにして骨吸収を抑える、というものになります。
骨粗しょう症と診断が確定している患者さんが使用対象となっています。

「ビスホスホネート製剤」「プラリア皮下注」それぞれの副作用

ビスホスホネート製剤の副作用


顎骨の壊死が挙げられ、大たい骨の骨折なども報告があります。また、ビスホスホネート製剤を経口で投与した場合は胃の不調や食道の炎症などが起きることがあります。

また、骨や関節の強い痛みを訴える患者さんもおられるということです。最近では、ビスホスホネート製剤が血中のカルシウム濃度を変化させることにより心房細動を起こすことがある、という報告も注目を集めました。

プラリア皮下注の副作用


低カルシウム血症、顎骨壊死や顎骨の骨髄炎、大たい骨の骨折や皮膚の感染症などが挙げられます。
また、背部痛や高血圧などの報告もありますね。

どちらが危険性が高い、ということは一概に言えません。
しかし、毎日服用する必要のあるビスホスホネート製剤はそのぶん、プラリア皮下注に比較すると薬効の続く時間が短い、と考えられます。
なので、顎骨壊死など深刻な副作用の徴候が見られたときに比較的すぐに中止しやすいということは言えるかと思います。

医師からのアドバイス

低カルシウム血症に注意すること、また服用中の歯科治療は多くの場合あまり好ましくないことが多いので、服用開始前に歯科を受診して状態を確認して必要な治療は行っておきましょう。

また、歯肉が腫れてきたり、違和感が出現したり、あるいは口の粘膜に潰瘍ができるといった変化があるときは、小さなものであっても必ず医療機関を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)