Doctors Me(ドクターズミー)- 実は赤ちゃんのために大切なこと。「産後太り」の本当の意味。

写真拡大

妊娠中は、おなかの中で赤ちゃんが日々成長しているため、体重が増えていきます。
そして出産しても、この増えた体重が完全に元に戻るわけではないため、「産後太り」といわれることがあります。

しかし、その「産後太り」には大切な意味が込められています。その意味について、医師に解説していただきました。

出産後も体重が増えたままなのはなぜ?

赤ちゃんの体重、胎盤や羊水の重さを差し引いても、妊娠中には体重が6kgほど増えていることが多いです。

体重が増える理由として、妊娠中はホルモンの働きが活発になるので、以下のような変化が起こります。

妊娠による体内の変化


・子宮自体が大きくなる
・出産後の授乳のために、乳房が大きくなる
・赤ちゃんへ十分栄養を送るために、血液量が増える
・皮下脂肪がついてくる

これらによって体重が増えますが、すべて赤ちゃんを育てるために必要な生理現象です。

一般的に妊娠前の体重まで戻るには、半年から1年ほどかかります。
ですから、出産後も体重が増えたままと焦って減量する必要はありませんので安心してください。

「産後太り」にダイエットは必要?

産後は体重が増えたといっても、特別なダイエットや運動は必要ありません。

完全母乳であれば、授乳の際に約600kcalを赤ちゃんに与えていると考えられるので、相当数のエネルギーが使われています。
他にも赤ちゃんのお世話、抱っこなどでカロリーが多く消費されますので、しっかり食事で栄養をとるように心がけることが大切です。

また、出産後1ヶ月間は、まだ骨盤がゆるんだ状態となるので、足腰に負担のかかるような運動は控えてください。

出産後に心がけてほしいこと

栄養のあるものをとり、母乳育児をされているのであれば、妊娠後期と同じくらいのエネルギー摂取が必要です。
過度な食事制限は母乳の分泌を低下させてしまう原因となりますので注意してください。

なので、出産後は、炭水化物、たんぱく質、脂肪をバランスよく摂取し、特に鉄分・カルシウムはしっかり摂るようにしましょう。

また、サプリメントなどのダイエット薬は、母乳に移行して赤ちゃんの身体に影響を与える可能性があるため、授乳中には控えてください。

「産後太り」の大切な意味

産後に体重が増えることは生理現象ですし、赤ちゃんを大切に愛情をこめて育てること自体に大きくカロリーを消費しますので、無理に減量する必要はありません。

太ったからといって過剰なダイエットや、食事制限、激しい運動おこなうことは、赤ちゃんのためにも、お母さんのためにもなりませんので、控えるようにしてください。

「産後太り」とは、赤ちゃんをすくすくと健やかに育てるための、「大切なエネルギー」だということを忘れないでください。

(監修:Doctors Me 医師)