▽明治安田生命J2リーグ第28節の横浜FCvsコンサドーレ札幌が11日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FCが勝利した。

▽ここまで9勝7分け10敗で11位の横浜FCと、同18勝5分け3敗で首位の札幌が対戦した。前節のセレッソ大阪戦でJ最年長得点記録を更新した横浜FCの三浦はメンバー外となった。

▽先にビッグチャンスを迎えたのは、より攻勢に出ていた札幌。26分、ボックス左手前から都倉が入れたクロスにファーの宮澤が合わせる。このヘディングシュートがバーに当たると、さらに跳ね返りのボールを荒野がバイシクルで叩いたが、これもバーの上へはずれる。

▽ハーフタイムにかけては横浜FCが巻き返す。しかし、35分にゴール前で野村が放ったシュートは相手守備陣にブロックされて得点ならず、試合は0-1のまま折り返した。

▽後半も攻める札幌は64分、単騎突破でボックス右に侵入したマセードが枠内シュート。しかし、これはGK南の好セーブに遭う。

▽すると、70分には横浜FCが点を奪いきる。左CKをGKがはじくと、ファーサイドの大久保がプッシュ。大久保の8試合ぶりとなる得点で横浜FCがリードする。

▽その後は札幌がリスクを冒して攻めたが横浜FCが凌ぎきって試合終了。札幌が11試合ぶりの黒星で今季4敗目を喫した。一方の横浜FCは6試合負けなしでの3連勝と好調を維持している。