■連載/あるあるビジネス処方箋

転職するほどに、レベルダウンするのはなぜ?

明確な考えやキャリア形成のち密な戦略、用意周到な準備もなく、転職を繰り返すと、労働者としての市場価値はレベルダウンする傾向がある。業界ランキングの低い会社や労働条件の悪い会社などに就職せざるを得なくなる。雇う側からすると、転職を繰り返す人を高く評価はしない理由がいくつもある。

今回は、その理由を私の企業取材で得た情報をもとに分析したい。

■「また、辞めるのではないか…」という懸念

 転職を繰り返すと、「また、辞めるのではないか」という懸念を会社の面接官、人事部員、役員などに与える可能性が高い。お金を払い、時間をかけて採用試験を行い、入社後、高い賃金を払い、育成した末に辞める。これでは、採用した側は大きな損をしたことになる。

「すぐに辞める」と想像できる人を入社させるだけの意味や必要性などが、役員会や人事部、現場の管理職などできちんと理解されないと、通常、内定を出すことはしない。結局、業界ランキングの低い会社や、労働条件がいいとはいえない会社の採用試験にエントリーせざるを得なくなる。このタイプの会社ならば、「すぐに辞める」とわかっていても雇うことがある。常に人材難であるからだ。

■受け入れる部署や管理職・役員などが少ない

 役員や人事部などが内定を出そうとしても、現場の管理職や担当役員が「転職回数が多い人は、うちの部署ではいらない」と拒否することがある。この場合は、人事部が内定を出す可能性は低い。

中途採用の場合、現場の部署の管理職や担当役員の考えを人事部や役員会が受け入れる傾向が強い。入社後、その部署に配属される可能性が高いからだ。現場の管理職や担当役員も、転職回数が多い人には「部下として扱いにくい」「チームの輪を乱す」といったイメージをもっていることがある。結局、敷居が低く、入りやすい会社の採用試験を受けざるを得なくなり、レベルダウンしていく。

■敷居の低い会社の社員の質は低い

 採用試験のハードルが低く、入りやすい会社は、社員の定着率が低い傾向がある。社員の意識や仕事のレベルも低く、何かとトラブルが起こりやすい。ここに溶け込むことができれば問題は起きないが、転職を繰り返す人は「こんな人たちと一緒にいたくない」と辞めていく。転職を繰り返す人は、ある意味で意識が高いから、こういう会社に長くいることがなかなかできない。結局、一段とハードルが低く、社員の質がもっと低い会社にしか入れないことになる。

■独自の考えが受け入れられない

転職を繰り返す人は、得てして「こだわり」をもっている。会社や上司、同僚らとの関係、賃金などの労働条件、仕事、自分の将来など…。独自の考えをもつことはいいことなのだが、会社員である限り、それを受け入れるか否かは、周囲の社員や上司、役員などである。特に日本の会社では、自分の考えが強すぎると、周りから敬遠される傾向がある。その意味でも、転職を繰り返す人は大きなハンディをもっている。

■専門分野で高い実績を残すことは、難しい

 転職を繰り返す人は、自分の持つ経験やスキル、ノウハウなどが専門化していく。採用する会社は「この人はこういう仕事をしてきて、こんなことができるはず」とみるようになる。専門的な力をもっていると判断される。だが、その分野での競争で勝って、高い実績を残すことができないと、業界ランキングの高い会社などの転職試験ではなかなか認めてはもらえない。多くの人が認められることなく、あきらめ、不本意な会社に入り、レベルダウンしていく。

■経験やスキル、ノウハウなどが陳腐になる

年をとると、その人のもつ専門的な経験やスキル、ノウハウは陳腐になり、すたれていく。マンネリにもなり、市場で高い値打ちがつかない。つまり、仕事の経験やスキル、ノウハウが、市場や時代の変化にマッチしなくなるのだ。

転職を繰り返す人は、この問題と常にぶつかり続ける。ほとんどの人は、この宿命を克服することができずにあきらめ、業界ランキングのより低い会社や労働条件のさらに悪い会社に転職していかざるを得ない。新卒の頃に比べて、労働市場の価値は大幅にレベルダウンする。

 最後に。転職をすることが、どうしても必要な場合はある。いかなる理由があろうとも、辞めたほうがいいと思える会社もある。転職そのものが悪なのではない。そこに、明確な考えやその後の人生、さらにキャリア形成を見据えた戦略があるか否か、だ。

自分の能力やスキルなどに自信があるのかどうか、でもある。「いかなるときも絶対に負けない」と言い切れるならば、転職を繰り返すことにためらいはいらない。迷うことなく、前に進むべきである。ただし、私がここ20数年、見てきた限りでいえば、そのような人はいない。

文/吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」(KADOKAWA/中経出版)。

■連載/あるあるビジネス処方箋