深宇宙にたどり着いたカメラが送ってきた、1,000枚の写真

写真拡大

火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」に搭載された超高解像度カメラが火星の地表の写真を撮影し始めてから、10年が経つ。それを記念して、NASAが1,000枚の火星の画像を公開した。

SLIDE SHOW 「深宇宙にたどり着いたカメラが送ってきた、1,000枚の写真」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-esp_046209_1390

2/15アルハンゲリスキー・クレーター内の砂丘。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

03-esp_046254_2170

3/15火山の溶岩流でできたアルカディア平原(Arcadia Planitia)。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

04-esp_046283_1435

4/15レウル峡谷近くにあるクレーターの傾斜地層。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

05-esp_046200_1410

5/15シレヌム大陸にある古代の塩化物砂丘(Chloride and Paleo Dunes)。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

06-esp_046217_1585

6/15急勾配の坂のあるクレーター。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

07-esp_046350_2310

7/15放射状の模様のあるペデスタル・クレーター
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

08-esp_046224_1610

8/15ソリス高原にある小さなひな壇状のクレーター。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

09-esp_046254_1115

9/15扇状地のある砂丘。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

10-esp_046288_1105

10/15ガリの監視。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

11-esp_046202_1555

11/15南部の中緯度地域にあるクレーター。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

12-esp_046216_1345

12/15中緯度地域の地形サンプル。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

13-esp_046242_1845

13/15ケルベルス・パルス・クレーターの層状堆積物。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

14-esp_046249_1495

14/15ニルガル峡谷近くのウズボイ峡谷の谷底。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

15-esp_046264_2640

15/15「ブゼル(Buzzel)」と名付けられた砂丘。
PHOTOGRAPHS COURTESY OF NASA / JPL / UNIVERSITY OF ARIZONA

Prev Next

INFORMATION

『WIRED』VOL.24 第2特集は「宇宙で暮らそう」

8月9日発売の『WIRED』日本版VOL.24、第2特集は「宇宙で暮らそう」。専門家たちに訊いた宇宙で暮らすために必要な13のこと、デザインシンカー池田純一が綴る「宇宙開拓のリアリズム」、宇宙への人類移住のカギを握るアストロバイオロジーの最前線、そして漫画『テラフォーマーズ』原作者・貴家悠が選ぶ「火星で生き残るための10冊」を紹介。もはやSFでも夢物語でもない、リアリティとしての「宇宙」を考えることで、どんな未来が見えてくるのだろう?

火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」に搭載された超高解像度カメラ「HiRISE」(High Resolution Imaging Science Experiment)が、火星表面の高解像度画像の撮影を開始してから10年になろうとしている(2006年3月に到着、10月に最初の画像撮影が行われた)。

重さ62.4kgのHiRISEが火星を周回して10年になるのを記念して、HiRISEの科学者チームは、砂丘やガリ(水による浸食の跡)、クレーター、極地域など、火星のさまざまな地形を示す1,000枚の新しい画像を発表した。冒頭のギャラリーでは、そのなかから『Ars Technica』US版が選んだ15枚の画像を紹介している。

マーズ・リコネッサンス・オービターは、2010年代後半には寿命を迎えると考えられていたが、当初のミッション期間の5年半を大幅に超えて稼働を続けている。これまでに火星の軌道を5万回ほど周回して、約25万枚の画像を撮影。火星に関するデータを300テラビット近く地球に送り返している。

HiRISEは口径50cmの望遠鏡を備えており、最大解像度は約0.3m/ピクセル(300kmの高さから0.3mのものを見分けることができる)と、これまでに宇宙に送り込まれたカメラのなかで最強の性能を誇る。このカメラのおかげで米航空宇宙局(NASA)は、火星探査ローヴァーの「キュリオシティ」と「オポチュニティ」を宇宙から観察できるのだ。

HiRISEは、NASAが2020年代に飛行を望んでいる「マーズ・サンプル・リターン・ミッション」(MSR)だけでなく、人間が火星に降り立つとき(NASAによると早くても2030年代後半になるという)の候補地区の特定に役立てるために火星に送り込まれたものだ。

このカメラを利用して、科学者たちは火星表面の特徴を調べ、数十億年にわたる火星の進化について理解を深めることができるのだ。

RELATED