広島県の厳島(いつくしま)の名産品である「もみじ饅頭」。

 もみじ饅頭と聞くと、もみじを型どった生地にあんが入った饅頭を連想するが、こんな意外な商品も出ているようだ。

 その名も「もみじ饅頭のお酒」(1080円)。基本となるこしあん味のほか、チョコ味や抹茶味も用意されており、冷やした牛乳と1対1の割合で飲むのがオススメとのこと。

 公式サイトでは、白玉ぜんざいやアイスクリーム、かき氷などにかけるといった楽しみ方を紹介している。スイーツとの相性もよさそうだ。

 Twitterユーザーからの指摘の通り、カロリーやアルコール度数的に飲み過ぎに注意しつつ、もみじ饅頭がどこまで再現されているか確認したいところだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら