ご飯は何℃が一番おいしい?温度で変わる味の違いとは

写真拡大

“温かいものは温かいうちに”、“冷たいものは冷たいうちに”ということが料理をおいしく食べる基本です。その理由は、食べる食品の温度によって味に変化が現れるから。

つまり料理によって一番おいしく食べられる温度が違うのです。

 

そこで今回は、おいしく健康的に食べることができる温度について、管理栄養士の筆者が料理別にご紹介します。

 

■1:白いご飯は40〜48度がおいしい

「炊きたてのご飯は最高においしい!」「ふわふわの湯気をフーフーしながら食べたい」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、ご飯をおいしく感じることができる温度は40〜48℃。温かいものは温かいうちに、とありますが、ご飯は人間の体温に近いちょっと低めの温度がおいしく感じられるのです。

この温度でご飯を食べることで、ご飯の甘味や旨みがより強く感じられます。炊き上がりをすぐに食べるのではなく、お釜のご飯の天地を返して、熱気を取ってから食べるといいですね。

 

■2:味噌汁は50℃前後で塩分過多を防げる

おいしい味噌汁は62〜70度と、ちょっと高めの温度ですが、実は温度が低い方が塩味をより感じやすくなります。ですので、血圧が高めの方は熱い味噌汁よりも少し温度が低めの味噌汁にすることで、塩分過多を防げられるのです。

基本的には温かいものは62度以上が適温といわれていますが、減塩を意識している人は、少し冷ましてから食べるといいですね。

 

■3:生野菜は4〜10℃がおいしい

新鮮さが重要なサラダも、温度によって旨味が変わってきます。生の状態で野菜をおいしく食べることができる最適な温度は、4℃〜10℃。

生野菜は、冷たくないとしんなりしてしまい、サラダの醍醐味である“シャキシャキ感”がなくなってしまいます。そのためレタスやキャベツ等、フレッシュなシャキシャキ感を楽しむためには、ある程度冷やすことが必要なのです。

食事をする際は、提供されたら早めに食べる方が美味しさもUPしますし、野菜を先に食べることで太りにくい食事にもなります。

 

■4:豚肉と牛肉の脂が溶ける温度の違い

夏バテ予防にお肉を意識して食べている人も多いのではないでしょうか? 実は肉の種類によっても、温度で味わいが変わるのです。

(1)豚肉

スタミナ料理に欠かせない“豚肉”、これは冷やしても旨味を感じます。それは、豚の脂が溶けだす温度が、口の中で溶ける28〜48度ほどだから。

豚肉は一度火を通すと、口の中に入れたときに脂がすぐに溶けだすため、ソーセージやハムのような豚肉の加工食品も一度火が通っていれば、購入後温めることなく食べてもおいしく食べることができるのです。この時期は豚肉を使った冷しゃぶがおすすめです。

その際は、沸騰した湯の中に入れて茹でてしまうと一気に収縮して硬くなってしまうので、50度くらいの温度で茹でて、氷水で冷やすと美味しく食べられます。

(2)牛肉

一方で、牛しゃぶも美味しいですが、冷しゃぶには向かない牛肉。

その理由は、牛肉の脂が溶ける温度は、口の中の温度よりももっと高い温度の40〜56℃。体温より高いので、口に入れても脂が溶けず牛肉の脂が舌触りを損ねおいしさを奪ってしまいます。牛肉は温めて食べるのがいいですね。

 

■5:ひんやりスイーツは糖分過多になりがち

スイーツの醍醐味“甘み”。甘味は低い温度では感じにくく、常温では少量の砂糖でも感じやすくなります。

そのため、アイスクリームやかき氷等のひんやりスイーツは砂糖を十分使用しているのに、温度が低いのでその甘味を感じにくくなり、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

さらに、ひんやりスイーツは、体を冷えさせ血行が悪くなったり、冷たさが内臓に負担をかけたり、脂肪がつきやすかったりと、ダイエットには不向き。暑い夏こそ、ひんやりスイーツはほどほどにしたいですね。

 

いかがでしたか? 今回は食べ物の温度の違いで味の感じ方も変わることをご紹介いたしました。温度が食べ物の味を左右するといっても過言ではありません。

温かい料理のおいしい温度、冷たい料理の美味しい温度を知ることで、より美味しさが増して食事も楽しくなります。是非、温度も気にして食べてみてください!

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 痩せたい人はちゃんと食べて!栄養士オススメ「朝ごはんにベストな食材」5つ

※ あぁ眠れない!コーヒーだけじゃない「体内時計を狂わす」食品4つ

※ ゲゲッ…こんなに少ないの!? 意外と知らない「1日の塩分摂取量」の目安

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ウソ、痛くない!? 日本初「通い放題」の脱毛サロンが話題

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 多忙でも心は満足!パリジェンヌ流「豊かに生きるコツ」とは

※ え…5分の入浴で!? どんなにズボラでも絶対続く「痩せる習慣」3つ

 

【画像】

※ かわどう / PIXTA(ピクスタ)