メイク中に便秘を解消。出す力と出すリズム

写真拡大

便秘改善にいいと言われている方法はたくさん試しているのに、全然効き目がない。

それほど重い便秘症だったのですが、ある日を境に見事なほどに便秘が治ったんです。私が試した方法のなかで、これは便秘に効いた! というふたつをご紹介します。

出す力をつける

何よりも効果的だったのは、腹筋です。

腹筋を鍛えることで腸の働きが活発になったのと、出す力がついたことが大きな要因。腹筋を始めて1週間ほどで、毎日お通じがくるようになりました。

出すリズムを覚えさせる

便秘解消法のひとつとして、「便が出なくてもいいので、毎朝必ず一定時間トイレに座る」ことが大事だと言われます。

でも朝の忙しいときに、トイレにこもる時間の余裕はない...。

そこで実践したのが、メイクやヘアセットなど身支度を整えているあいだ、中腰(いわゆるウンチ座りといわれる体勢)で過ごすこと。

この体勢でいると、腸にある便が下がりやすくなるため、いすに腰かけたり、床にペタッと座っている状態より便意を感じやすくなるんです。

この方法を続けたところ、体がリズムを覚えてくれたのか、ちょうど身支度を終えたころに便意を感じるように。いまはこれで快調です。

※この記事は2014年11月に掲載されたものを再編集しています。

写真/Shutterstock 文/イトウウミ

こちらも読まれてます

彼との旅行は2泊3日が限界です。お腹のハリが辛いから #sponsored

・便秘ブルーいらない。いますぐできる腸活

・私、パクチスト。「食べるラー油」よりも「パクチータレ」