小学生の夏休み宿題対策!読書感想文の書き方と3つのコツ

写真拡大

小学生が夏休みの宿題で苦労する課題といえば読書感想文。なぜ難しいのか理由を聞くと、「書き方がわからない」「上手く書けない」といった悩みが多いようです。読書感想文が苦手な子供によくあるパターンが親と一緒に書き上げるケース。つい助けてあげたくなりますが、すべて親が言ったとおりに書くのはおすすめしません。創造力を鍛えるためにも、自分で考えながら書き上げたほうがいいですよね。どうしても子供だけでは書けないという場合、ポイントとコツをアドバイスしてあげればOK。そこで今回は、読書感想文の書き方とコツ3つをご紹介します。夏休みの最終日に焦らないように、今から覚えておくと便利かもしれませんね。

■ 3段階の構成で書く

小学生が読書感想文を嫌う理由は、そもそも"どのように書けばいいかわからない"からです。つまり、フォーマットがないから全体がイメージできないわけです。難しく考えず、3段階で構成するのがコツ。『はじめ』『あいだ』『まとめ』の3ステップで書き進めていけば"どのように書けばいいか"がイメージしやすくなります。

◎ ステップ1:『はじめ』は書き出し文

最初の書き出しは、「なぜ、この本を選んだのか(読もうと思ったのか)」「どうして、この本の感想を書こうと思ったのか」という"理由"を書きましょう。逆に言うと、読書感想文の本を選ぶときには「なんとなく」ではなく、理由を説明できるようにして選ぶことが大事です。本を読んでみて内容が「思っていた通り」でも「予想外」でも、本を選んだ理由は変わりません。つまり、しっかり本を選ばせることで書き出し文を困ることなく書くことができるのです。

◎ ステップ2:『あいだ』に感想を書く

感想の書き方に決まりはありません。印象に残った場面を書いて、その場面についての感想を主観的・客観的な視点で書けばまとまりやすくなります。たとえば、

> 「いじめられている犬を○○が助けたとき、嬉しい気持ちになりました。私も犬を飼っているので動物をいじめる人は許せないからです」「主人公の○○が、いろんな場所を冒険する姿にワクワクしました。僕もいろんな場所に行ってみたいので、将来はパイロットになって世界中を飛び回ってみたいです」

もし書きづらそうにしていたら、「どんな気持ちになった?」「どう思った?」など聞いてみて、印象に残った場面を親が掘り起こしてあげるといいですね。なるべく多くの場面について感想を書くことで内容が濃くなり、読書感想文を読む人にも「どんな本だったのか」が伝わりやすくなります。

◎ ステップ3:『まとめ』で締めくくる

『まとめ』で大事なのは、物語の結末について自分の気持ちを書くことと、本を読んで「どんな印象を受けたか」総合的な感想を書くということです。ステップ2では一つ一つの場面について感想を書きましたが、最後は本の結末に的を絞って自分の気持ちを書いて締めくくりましょう。たとえば、「助けた犬が本当は神様だったと知ってビックリしました。私も○○のように思いやりをもって動物を大事にしたいです」など、物語の結末について感想を書いてから主観的な気持ちで締めくくるのがポイント。物語の結末について書くのが難しければ、「僕も○○のような強くて優しい男になりたいと思いました」「私も○○のように思いやりをもって動物を大事にしたいです」など、主人公や本について総合的な感想でシンプルに締めくくってもOKです。

また、『はじめ』で書いた本を選んだ理由とも絡めて書いてみると、読書感想文全体に統一感が出ます。その本を読む前と読み終わったあとの自分の気持ちの変化について書いてみるのもいいかもしれません。

■ 3ステップで感想文嫌い克服を!

読書感想文を上手に書くコツは、『はじめ』『あいだ』『まとめ』の3ステップで書き進めていくこと。この構成で書くように親が導いてあげると、子供の"感想文嫌い"も克服できるかもしれませんね。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)