探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこかを紹介。

今回の依頼者は一級建築士の小沢朋美さん(37歳・仮名)。彼女は都内の有名マンションディベロッパーで営業兼プランナーとして活躍中です。その肩書きだと、黒のパンツスーツでビシッと決めてきそうですが、ご本人はとてもフェミニンな方でした。

ネイビーのドット柄シフォンワンピースでカウンセリングルームにお見えになり、赤いギンガムチェックの裏地が付いた小さな蓋付きのカゴバッグを持ち、手にはコットン素材の白いパラソル。セミロングの髪は巻いており、今時珍しいバレッタをつけてハーフアップにしています。“旧軽井沢にいそうなクラシカルなお嬢様”というファッションで、ほんわかした気持ちになりました。顔や雰囲気がタレント・小倉優子さんに似ていて、とってもチャーミングです。

カウンセリングに入る前の雑談は、とても愛想がよくハキハキとしています。どんなことでも結論から正直に話そうとしていました。どんな人からも信頼され、愛される人なのだな……と実感しました。

しかし、具体的な調査内容について突っ込んでいくと、激しい溜息をついたり、目に涙を浮かべたりして、相当まいっている様子がわかります。こういうときは、どんなことがあっても動じず、依頼者様に話していただくようにしています。

彼氏はハワイでナンパされたイマドキ大学生だった……

「あ……問題は私が1年間交際している大学生の彼なんです。彼とはハワイで知り合ったんですよね。私は大学時代からずっと遊んでいる女友達3人がいて、彼女たちと遊びに行ったときに、アラモアナショッピングセンターでナンパしてきたんです。私のことがタイプとのことで話しかけられたんですよ。彼らも3人だったので、なんとなくカップルができてしまって」

朋美さんは見かけとは裏腹に肉食女子。見た目もかわいいのでかなりモテます。

「私は年上好きに見られるのですが、実はかわいい年下男子が大好き。私の年齢で年上というと、アラフォーじゃないですか。彼らは仕事に家族に忙殺されていて恋愛どころじゃない。私に言い寄る人の中には50代の男性もいますけれど30代の私からすると彼らは“初老”(笑)。しかも、その世代の人って、女の子をバカにしているところがありますよね。料理やワインの選び方にいちいちしたり顔で文句つけてきて“何にも知らないんだな〜(ドヤッ)”って感じだし。でも、20代の男の子は同じ目線で話せるし、一緒にいて楽チンだから大好き。ホントはハワイだけのワンナイトのつもりだったんですけど、帰国しても会いたいと言うから付き合うことにしたんです」

実は朋美さんと彼の家は御近所。ともに実家暮らしという共通点があった。

「私も彼も東京都世田谷区の神奈川県寄りのところに住んでいて、隣の小学校だったんです(お互いに中学校は私立に進学)。似たような家庭環境(裕福で円満)で育っていて、共通点がたくさんあり、彼のほうから“結婚を前提に付き合いたいな”と言ってきたんです。でも、当時21歳の大学生と、36歳の会社員ですからね。最初は話半分だったのですが、あまりに言ってくるので私も本気モードになりました。

彼の実家はそこそこお金持ちですが、子供にあまりお金を渡さないのが方針みたいで、付き合ってまもなくしてから、彼からお小遣いの要求があったんですよ。そこで、毎月のお給料(手取り40万円超)から10万円を渡すことに決めたんです。ウチの会社は22日が給料日なので、デートはその付近が多いですね」

毎月3〜4回ほど会っているけれど、最近はデートの解散が早くなっているのが悩みだそう。

「私たちはお互い実家なので、デートは彼のクルマ(親所有の高級セダン)ばかりです。前は深夜まで一緒にいたのですが、最近は1時間程度で家まで送られてしまうんです。しかも最近では、私の顔を見て“いろんなところに年齢が出てるよね(笑)”とか言うからとても傷ついています。なにせ大学生だから、出会いも多いでしょう。彼の行動を見てはっきりさせたいのです。調査をお願いします。

ハワイのデートはドライブ。夕暮れの街並みを見ながらオープンカーでハイウエイを走ったことは一生の思い出。(写真はイメージ)

※本連載の内容はプライバシー保護の観点から、体験内容を変えない程度に一部書き変えております。

犬系男子はハイエナだった? 調査後に見せた恐ろしい素顔とは……〜その2〜へ続きます。

■プロフィール

 山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/