ふいに訪れるちょっとした不幸。しかし、なかにはその不幸を自慢したがる人も…。41才公務員女性は、こんなエピソードを教えてくれた。

 * * *
 高校時代の友人A美がタワーマンションにお引っ越し。ぜひ、と言われて遊びに行くと、二重のオートロックにエントランスの天井は見上げるほどの高さ。

 想像以上のゴージャスさに、「素敵だねー」と褒めたら、たちまち「そう?」って低い声を出すの。

「夫が、富士山が見えて、カーテンがなくても人目が気にならないタワーマンションに住みたいと言うからここにしたけど、30階って人が住む場所じゃないわよ」

 それから堰を切ったように「エレベーターの乗り換えが面倒」だの、「ゴミ捨て専用のエレベーターがヘンなにおいがする」だの、「自分より上の階の人とエレベーターに乗ると、負けた気になる」だの。

 顔をしかめて悪口を言うから、「じゃ、2年住んだら引っ越せば?」と助言したら、「ダメよ。分譲だもの」だって。

 はは〜ん。これを言いたかったんだな。

※女性セブン2016年8月25日号