「ちょっとした差がそのまま世界との差になっている」と大会を振り返った遠藤。しかし、3試合での確かな成長も感じている。写真:JMPA/小倉直樹

写真拡大

[リオ五輪グループリーグ第3戦]日本1-0スウェーデン 現地8月10日/フォンチ・ノーバ
 
 スウェーデン戦終了のホイッスルから、ほどなくしてピッチ上でコロンビア勝利の結果を聞かされた。キャプテンとしてチームを引っ張ってきた遠藤航にも「これで終わってしまうのか」という悔しさがこみ上げた。
 
 グループリーグ最終戦に勝利しながらも、敗退が決定。ようやく「自分たちらしさを少し出せたかな」という手応えを得た勝利だっただけに、余計に悔しさは募ったはずだ。
「これからもっとみんなと一緒にプレーをして、世界を驚かせたいという想いがあったし、そう思うぶん、悔しさがある」
 
 もちろん今大会で自分たちの弱さや経験不足も痛感させられた。初戦の5失点をはじめ、コロンビア戦でも不用意な失点があり、チャンスに決めきれなかった。
「もったいないという言い方もできるかもしれないけど、ちょっとした差がそのまま世界との差になっているのかなと。もっとやれたと思う部分もあるけど、これが自分たちの実力なんだと受け止めるべきだと思います」
 
 しかし、それでも間違いなくこのリオ五輪は、成長を実感できる舞台となった。ナイジェリア戦での大量失点から修正を施し、コロンビア戦では出足の鋭いプレスが利いた。失点しても下を向かず、すぐに取り返しに行く姿勢は印象的だったと遠藤は振り返る。
「コロンビア戦では、特に後ろの選手が失点した後も声をかけて取り返す気持ちを出していた。それで前の選手を押し出してやれていた」
 
 ナイジェリア戦の5失点から、コロンビア戦では2失点、そしてスウェーデン戦では今大会初の無失点に抑え、初勝利をもぎ取った。
 
「反省点をしっかり生かしながらサッカーをして、勝って終わった。この3試合は、少ないですけど間違いなく、自分たちにとっては成長できた3試合だったと思う」
 
「敗退」という結果は、もう覆すことはできない。だが、リオで掴んだ手応えは、この先の戦いに必ず生きてくると遠藤は信じている。

【リオ五輪PHOTO】矢島のゴールでブラジルの地で初勝利をあげるも、予選敗退