『オー・マイ・ゼット!』ポスタービジュアル (C) 2016 epic.inc. All Rights Reserved.

写真拡大

お笑いトリオ「東京03」の角田晃広が映画初主演に挑んだジャパニーズ・ゾンビ映画『オー・マイ・ゼット!』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となったジャパニーズ・ゾンビ映画『オー・マイ・ゼット!』予告編

本作は、全国民を震撼させた “ゾンビパニック”が日本列島を襲ってから5年後が舞台。自衛隊による一大掃討作戦が決行され、結果的にゾンビパニックは半年ほどで終息。わずかに生き残ったゾンビは、一部の好事家によって高値取引され、ペットとして裏の世界で人気を博していた。そうした中、ある日、一体のゾンビが花田さんの家に迷い込むというストーリーだ。

これが映画初主演となる角田が演じるのは、ゾンビが迷い込む花田さん家のご主人役。その妻役を『100回泣くこと』『ちょんまげプリン』ほか、舞台やドラマでも活躍中のともさかりえが演じる。ほかにも、森下能幸、町田マリー、柾木玲弥、萩原利久ら個性派俳優が脇を固め、監督を『少林サッカー』『マッハ!』『キャビン』『鍵泥棒のメソッド』ほか数々のヒット映画の予告編や木曜洋画劇場の予告なども手がけてきた<予告界の鬼才>神本忠弘がつとめる。

神本は初監督ながら、原案・脚本も担当。本作について「ゾンビ映画の多くのパターンでは、ゾンビが溢れかえった世界でわずかに生き残った登場人物たちがいかにサバイブしていくかを描いています。ここではその世界観を反転させ、ゾンビをマイノリティの存在とした上でそれを取り囲む人間たちの騒動を物語にしました。ギャグなのかマジなのかそのギリギリのテイストを行ったり来たり。おかしなドラマを説得力あるものにするために、クセのあるキャスト陣の演技も見ものです。深いテーマとかメッセージ性とかはひとつもありません。ただ何やら妙なシロモノになったことだけは間違いないです」と述べている。

解禁となった予告編は、そんな監督の言葉どおり「ゾンビ映画だけど何か楽しそ!」な仕上がり。『オー・マイ・ゼット!』は11月5日よりシネマート新宿ほかにて限定レイトショー公開される。

【関連記事】
[動画]東京03の角田晃広が高校生役で出演『男子高校生の日常』予告編
ともさかりえが錦戸亮の手作りプリンを絶賛!/『ちょんまげぷりん』ヒット御礼挨拶
ゾンビ映画イベントにミニスカで登場の鈴木亜美、ゾンビに会ったら跳び蹴りで撃退!?
哀川翔が始球式でゾンビ宮川大輔にデッドボール投げ乱闘騒ぎに!