「暮しの手帖」創刊編集長の花森安治の仕事展 2017年2月から開催

写真拡大

 家庭雑誌「暮しの手帖」の創刊者 花森安治の仕事を紹介する「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」が、世田谷美術館で開催される。会期は2017年2月11日から4月9日まで。 「暮しの手帖」花森安治の仕事展の画像を拡大

 花森安治は1911年神戸市生まれ。終戦後の1946年、現在NHKで放送中の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のモデルとなる大橋鎮子らとともに衣装研究所(現 暮しの手帖社)を設立し、服飾の提案雑誌「スタイルブック」を手がけた。1948年9月には、健康をささえる「食」と家庭を守る「住」を取り入れ「美しい暮しの手帖」(現 暮しの手帖)を創刊。1978年までの30年にわたり編集長を務めた。 「花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼」では、編集者としてだけではなく、装丁家やイラストレーター、コピーライター、ジャーナリストなど多彩な活動を行ってきた花森安治の仕事を紹介。戦後の日本社会に問いかけてきた「美しい暮し」をデザインや編集術から探る。■花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼会期:2017年2月11日(土)〜4月9日(日)会場:世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2)開館時間:10:00〜18:00 ※展覧会入場は閉館30分前まで休館日:月曜日(祝休日の時はその翌平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)※展示替の期間中は、企画展・ミュージアム コレクション展示室の両方を閉める場合あり観覧料:一般 1,000円/65歳以上、大・高生 800円/小・中生 500円世田谷美術館 公式サイト