10日、中国版ツイッター・微博に、福原愛選手に勝利した中国人選手に対する日本ネットの反応を紹介する投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月10日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、福原愛選手に勝利した中国人選手に対する日本ネットの反応を紹介する投稿があった。

10日に行われた卓球の女子シングルス準決勝で、福原愛選手がロンドン五輪金メダリストの李暁霞(リー・シャオシャア)選手と対戦し、0−4で敗れた。福原選手は4ゲームで9点しか取れず完敗だったが、日本のネットユーザーからは「李選手は異次元なくらい強かった」「素早い上に相手は連射式大砲を持っている」「髪形では愛ちゃんが圧勝だった」「人類部門で優勝を目指そう」「(相手選手は)ほぼ男子」などのコメントが寄せられていると紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国の卓球チームだけは本当に安心して見ていられる」
「中国卓球界では大魔王に事欠かない」

「中国の卓球は無敵だからね。愛ちゃんは泣いていいんだよ」
「卓球の難易度は、簡単、普通、難しい、中国と上がっていく」

「髪形では勝ったか。日本の観点は面白いな」
「髪形では圧勝というのは、確かにその通りだった」

「李暁霞は技術で勝利し、福原愛はかわいさで勝利した」
「急に日本人がかわいく思えてきた」

「人類部門で優勝を目指そう、というのが超ウケた」
「日本のネットユーザーは某国のネットユーザーよりずっと強いようだ」(翻訳・編集/山中)