10日、中国外交部の華春瑩報道官は、フィリピンのドゥテルテ新大統領が南シナ海問題担当特使に指名したラモス元大統領が香港を訪問していることについて「ラモス氏が特使として早期に訪中することを歓迎する」との談話を発表した。写真は中国外交部。

写真拡大

2016年8月10日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、フィリピンのドゥテルテ新大統領が南シナ海問題担当特使に指名したラモス元大統領が香港を訪問していることについて「ラモス氏が特使として早期に訪中することを歓迎する」との談話を発表した。中国外交部のウェブサイトが伝えた。

華報道官は「中国とフィリピンは伝統的な友好隣国だ。関係改善に向けて共に努力し、対話を再開し、両国関係の健全な発展を推進すべきだ」と主張。その上で、ラモス氏の香港訪問を「中国の古い友人との私的交流」とし、「中国はフィリピンとさまざまな形で交渉を進めることに開放的な態度を持っている。ラモス氏が特使として早期に訪中することを歓迎する」と述べた。(翻訳・編集/柳川)