ハーブやハーブソルトとトウモロコシを一緒に茹でると、爽やかな香りと甘さの両方が引き立ちます。トウモロコシは水からゆでるとジューシーな仕上がりに。沸騰後、茹で時間はたった3分、余熱でハーブの香りをつけながら火を通します。ディルやミントを使えば、茹でている間に漂う香りもとっても爽やか! アロマ感覚で癒されながらお料理できます!

香りよくジューシーに茹で上げます。

【ハーバル・コーン】

材料(トウモロコシ1本分)

トウモロコシ 1本
ディル 3枝 ※または、好みのハーブ。 
塩 適宜

作り方

1・トウモロコシは皮をむいて1/3(または半分)にカットする。一番内側の外皮はとっておく。

1/3に切ると食べやすい。

2・鍋に1を並べ、ひたひたになる程度の水をそそぐ(約600〜800cc)。水の量の3%の塩を加えて全体をひと混ぜしたら、トウモロコシの上にハーブを乗せ、さらに、皮を1〜2枚かぶせ、中火にかける。

ハーブは好みで増減を。ちょっと多いかな……と思うくらいでもOK。

落とし蓋の代わりに外皮をかぶせる。

3・2が沸騰したら3分茹でる(途中で一度、上下を返す)。火を止め、そのまま10分置く(途中で一度、上下を返す)。ザルにあけて水を切り、冷ます。

トウモロコシの上にハーブを乗せたまま冷ます。外皮をかけておくと表面にしわが寄りにくい。

【アレンジ1☆】

夏にオススメ!

使うハーブをミント&レモングラスにするとエスニック風な独特の風味に。

【アレンジ2☆】

アニスは甘い香りが漂い、肉のグリルの付け合わせにしても。

アニスシード(左)、エルブ・ド・プロヴァンス(右)のような細かいドライハーブを使う時は、だし用の紙パックに入れて鍋に投入! 

【アレンジ3☆】

いただき物や試しに買ったソルトが余っていたら、即お試しを!

ハーブに加えて使う塩を、燻製塩(左)、トリュフ塩(右)などのフレーバーソルトにすると相乗効果でおいしく! 

 Point.

少なめの水で茹でるので外皮を落し蓋代わりに使うことを忘れずに。



■賢人のまとめ
糖質が多いんじゃないの……と、最近、敬遠されがちなトウモロコシですが、食物繊維が多く、胚芽にはビタミンB群を豊富に含むうえ、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜です。夏バテしそうなときの栄養補給にも一役買ってくれます。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。