“山ガール”の私が厳選!登山初心者〜上級者におすすめの山6選/北アルプス(C)モデルプレス

写真拡大

【女子旅プレス】8月の祝日として2016年から制定された「山の日」。夏のレジャーといえば海やプールが定番ですが、この日ばかりは山にも目を向けてみませんか?山登りってハードなイメージで敬遠されがちですが、普段運動をしない女子でも登れる初心者向けの山だってちゃーんとあるんです!時間をかけて山道を登りきった後の爽快感と達成感は、他ではなかなか味わえません。

【さらに写真を見る】“山ガール”の私が厳選!登山初心者〜上級者におすすめの山6選

そこで今回は自然と登山が大好きな“山ガール”の私が、実際に登っておすすめしたいと思った山を初心者〜上級者までレベル別に6ヶ所ご紹介します。

♥【初心者向け】御岳山(東京)


東京都青梅市にある標高929メートルの御岳山(みたけさん)。JR青梅線「御岳駅」が最寄りで、都内から近いので誰でも行きやすく、登山初心者でも楽しめる山です。

御岳駅より路線バスで約10分の「ケーブル下」下車、ケーブルカーで「滝本駅」〜「御岳山駅(終点)」の標高差約420メートルを登ると素晴らしい都心方面の眺めが見下ろせます。

山頂には「武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)」があり、古くから山岳信仰のあつい山として知られ、神社の前の参道にはレトロな門前町に食事処、喫茶店、お土産屋さんなどが並んでいて、山の上とは思えないほどの充実ぶり。

他にもマイナスイオンたっぷりの苔むした岩と清流の散策路「ロックガーデン」、静寂に包まれたパワースポット「綾広の滝」、天狗の顔に似ていると言われる大きな岩の天狗岩など見どころが満載です。

♥【初心者向け】車山高原(長野県)


標高1,925メートルの車山高原(くるまやまこうげん)は都内からだと少し距離がありますが、景色がとにかく綺麗で、緩くなだらかな登山道を歩くので登山経験のない初心者にもってこい。靴も厚底の運動靴でOKです。

歩行時間は約3時間25分ほど。車山は霧ヶ峰高原の主峰であるため、山頂から360度を見渡せる大パノラマの風景は、どこまでも続く山と空の景色が圧巻です。

季節になると約600種類の高山植物が花開き、特に夏場はニッコウキスゲが見頃を迎え、山腹一面に黄色い花を咲かせて季節の訪れを知らせてくれます。自然の美しさに癒されながらのんびり時間をかけて登りたくなるような山です。

♥【中級者向け】天狗岳(長野県)


長野県茅野市にある標高2,646メートルの天狗岳(てんぐだけ)は、北八ヶ岳の最高峰。山頂部は300メートルほどの間を置いて、東西に東天狗岳と西天狗岳という名前に分かれているのですが、標高が高い方が西天狗岳です。

白駒池入口を起点として高見岩-天狗岳-白駒池まで歩行時間は約8時間。白駒池入口からの林道では、「日本の貴重なコケの森」にも選定された林床に生い茂るコケを楽しむことができ、苔ガールにもたまらないスポットです。

標高2,000メートル以上にある高山湖では国内最大と言われる白駒池や、白駒池を目下に雄大な緑と空が広がる北八ヶ岳の代表的な景勝地・高見岩が有名。

林道や高見岩などを経て、ある程度整備をされた階段をひたすら上っていくので、ハイキングの延長の山登りといった感じ。山頂までの間にある山小屋でもしっかり休憩できるので、一旦登ってしまえばそこまで辛さを感じない山なので登山中級者の方におすすめです。

スタート地点への行き方は、JR茅野駅からアルピコ交通の路線バスに乗って「麦草峠」下車、もしくはJR佐久平駅から運行されている千曲バスの路線バス「麦草峠」下車。夏場の運行のみなので行く際は要確認です。

♥【中上級者向け】燕岳(長野県)


標高2,763メートル、北アルプス入門のコースとして人気の燕岳(つばくろだけ)。

日帰りで中房温泉登山口を起点として、合戦小屋-燕岳-(燕山荘)-合戦小屋-中房温泉登山口まで歩行時間は約8〜9時間ほど。

中房温泉登山口からいきなりの急勾配が続きますが、山道をひたすら登るだけで危険な道はありません。途中途中で休憩所があり、休憩所の1つ「合戦小屋」名物のスイカは山登り中に見かけることはかなり珍しく、登山の疲れも相まって絶品。

合戦小屋からの上りは稜線に近づいていくので緩やかになり、北アルプスの山々が見えてくるので展望も抜群。山頂からの景色は山と空しかなく、自然と1つになれるような瞬間を味わえますよ。

1日コースで体力的に厳しい場合は、北アルプスの山小屋では人気の「燕山荘」に宿泊するのもあり。収容人数600名というマンモス山小屋で小屋自体も清潔、山の中とは思えないくらい快適なので、初めての山小屋宿泊デビューにもおすすめです。

♥【上級者向け】「槍ヶ岳」(長野県・岐阜県)


登山歴の長い山登り上級者には、北アルプス南部の日本百名山、及び新日本百名山のひとつである槍ヶ岳(やりがたけ)をご紹介。槍ヶ岳の標高は3,180メートルと日本の山の中で5番目に高く、国内では珍しくインパクトの強い鋭角な岩峰に頂上がある、北アルプスを代表する山として知られています。

遠くから見てもすぐ分かる雄々しさから“日本のマッターホルン”と呼ばれ、登山好きなら上級者〜初心者まで誰もが憧れる山なんです。

登山ルートはいくつもあるものの、やはり眺望が良い表銀座コースが特におすすめ。険しい斜面に架かる鎖とはしごを伝って、苦労してたどり着いた山頂から眺める雲海と夕焼けはまさに絶景。道中の疲労も吹き飛ぶくらいの達成感はぜひ味わって欲しいもの。

ちなみに「アルプス一万尺」の歌詞に出てくる「小槍」とは、この槍ヶ岳山頂付近の岩のことを指しています。

♥【おまけ】日本で1番低い山「日和山」(宮城)


山つながりでひとつ、宮城県の変わった山をご紹介。仙台市にある日和山(ひよりやま)は、なんと標高3メートルの“日本で1番低い山”として知られています。

山の斜面に設置された14段の階段を登るだけで山頂に到着するので、どれだけ小さなお子さんと一緒でも登れるため観光スポットとしても人気、体力なんて全くなくても大丈夫です。

■日和山(ひよりやま)


住所:宮城県仙台市宮城野区蒲生町87

いかがでしたか?

深呼吸したくなるような大自然の中で、気持ちよく汗をかいて健康的に過ごす休日もたまにはいいものです。身体を動かして日頃の運動不足を解消できてダイエットにも効果的なので、年を重ねても長く楽しめる趣味としてもおすすめ。

次の休みにあなたも“山ガール”デビューしてみませんか?(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、サービスが保証されるものではありません。