“言わなくても机に向かう子”になる! 勉強を「習慣化」する5つのコツ&大事なこと

写真拡大

親が何も言わなくても勉強する子になってくれたらいいのに・・・。心の隅っこで、わが子に対してそんな理想を抱いたことはありませんか?

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

「そんなのウチの子は絶対無理」と諦めてはいけません。どんな子でも、行動を“習慣化”することで良い方向に伸ばせる可能性があるのです!

『マンガでわかる「続ける」習慣』(日本実業出版社)の著者であり、習慣化コンサルタントとして個人や企業への指導を行っている、古川武士(ふるかわたけし)氏にお話を伺いました。

最初はほんの少しでOK。毎日必ず決まったパターンで行い、達成感を得る

具体的に、どのようにすれば勉強を習慣づけることができるのでしょうか。古川氏のお話から5つのヒントをまとめてみました。

1.タイミングと場所を決める

朝やるのか夜やるのか、日によって時間帯がバラバラだと習慣づかない。場所も学校や図書館など、どこでやるのかを決めてパターン化する。

また、やる気になれる“モード”を考えることも大切。

“緊張モード”から“リラックスモード”への移行は簡単にできるが、“リラックスモード”から“緊張モード”への切り替えは、大人でもストレスがかかる。

勉強するモードにあり、TVなど外部からの“誘惑”が少ないタイミングを選ぶとよい。

2.小さく始める

習慣づけには大きなエネルギーが必要なので、最初のうちは1日5分でもできればOK。毎日必ず行うことを繰り返す。

それを当たり前のこととしてできるようになると、5分の時間を30分に伸ばすことは、それほど難しくない。少しの時間でよいので、とにかく1日のどこかに挟み込むようにする。

苦手なものから始めると苦痛になるため、得意なことからやるのも手。

3.目標を明確に定める

習慣化するためには、何らかの目標を決めるのがよい。受験などの目標が特にない場合も、次のテストで点数を何点上げる等、時期と数値目標を設定する。

目標を数値化することでやる気が起こり、何をどれだけ、どのように行うべきか、目標達成までの道のりも決まる。

ただし、「習慣化」においては「目標達成」することが目的ではない。モチベーションを維持するため、目標はその都度更新していく。

4.記録する

本人にとって小さな達成感や快感が大切。1日5分でもできたら「今日もよくできました」等のシールを貼ったり、スタンプを押してやるなど、遊び心を取り入れる。

シールやスタンプを全部集めたい、という別のモチベーションに火がつき、続ける原動力に。

5.“習慣ともだち”をつくる

一緒に習慣を行う仲間がいると、仲間からエネルギーをもらえる。塾の友達、兄弟、親などでも。

習慣化には、親も一緒に走る“熱さ”も必要

そもそも、子どもにコツコツ勉強する習慣をつけさせる・・・なんてことは可能なのでしょうか。

古川氏によれば、「初めは簡単ではないが、一度“習慣化”してしまえば、その後は自然にできるようになる」といいます。

“一家そろって早起きをする”という習慣化に取り組んだ、あるご家族の例では・・・

「そちらのお子さんは、小学生の頃は特別勉強ができた、というわけではなかったようです。中学受験では、3か月位の短期集中で一気に勉強したのですが、結局失敗に終わってしまった。
それで今度は長期戦、“習慣化”でいくしかないと。次の高校受験では志望校合格をめざそうと、親子で目標を決めたのです」

お父さんは、子どもと奥さんを巻き込み、家族ぐるみで早起きの習慣化を実践。家族それぞれが、朝の時間で自分のするべきことをするため、子どもは必然的に勉強する環境に置かれました。

そして、毎日勉強してから学校へ行く習慣を続けた結果、高校受験では見事、超有名私立高校に合格。

「一番の財産は、自分で“習慣”をコントロールできるようになった、という成功体験。それは、試験に受かったこと以上に価値が大きかった、と親御さんはおっしゃっていました。
また、偉かったのは、『志望校に合格したい』となったときに、お父さんも一緒に必死になって、ときには自分の仕事をセーブしてまで、徹底的に関わったこと。その“熱さ”は非常に重要だと思います」

「仲間がいると『やろう』という気になる。外からメガホンを持って『頑張れ頑張れ』と言うのではなくて、横で一緒になって走る。
イチロー選手の父親も、子どもを毎日バッティングセンターに連れて行き、とことん関わった。そこに大きな意味があるのだと思います」

「熱くがっつりと、親子で同じ目標をめざす・・・いつの間にか、お父さんのために諦められないみたいな(笑)。
でも、子どもは嫌々やっているかというとそうではなく、親の愛情で目標への熱意がぐっと高まっていく。
押しつけるのではなく、ともに熱くなる。その匙加減はなかなか難しいですが」

大切なのは、親が「やればできる」と信じること

とはいえ、やはり「うちの子は飽きっぽい性格だから・・・」と考える方もいるかもしれません。

たしかに、続きやすい性格や、習慣化の得意・不得意は多少あるようです。しかし何より大切なのは、「親が子どもに対してどういう考え方を持っているか」だといいます。

「親が『できない』と思うと、子どもも『自分にはできない』と思ってしまう。親のマインドセット(ものの見方、無意識の思い込みといった意味)はそのまま子どもに映ります。
子どもに期待する、可能性を信じるということを親ができていないと、子どもの可能性にブレーキをかけることになります。
まずは、『できる』と考えるところからスタートするのが大事です」

「先ほどの例では、親御さんが『おまえはやればできる』と、当たり前のように信じていた。
だからこそ、子どもも『できる』と思うし、現実にできるようになった。そのことが『やっぱりやればできるんだ!』という確信になるのです」

おまけ

古川氏より、気軽にできる勉強のツールとしておすすめいただいたのが、5分でできる“ミニドリル”のようなもの。

1回の量はわずかでも、長い目で見れば結構な量になり、成果が目に見えるため達成感もあるといいます。

めざすのは、習慣化によって「少しずつ行うことが、いかにすごいことか、理屈で教えるのではなく実感させる」こと。

コツコツ繰り返していればできるようになる、という体験を親子で共有できたらいいですね。