10日、韓国の俳優パク・ボゴムの出演CMが「中国を侮辱した」と問題視されていた件について、メーカー側が「政治的な意味はない」とする声明文を発表した。写真はパク・ボゴム。

写真拡大

2016年8月10日、韓国の俳優パク・ボゴムの出演CMが「中国を侮辱した」と問題視されていた件について、メーカー側が「政治的な意味はない」とする声明文を発表した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

韓国ドラマ「応答せよ1988」に出演したパク・ボゴムは、この作品のヒットによって、中国でも人気沸騰した若手俳優。そのパク・ボゴムが出演したK・Swiss社のCMについて、中国のネットユーザーから「中国を侮辱している」と怒りの声が上がっていた。

問題のCMは、囲碁棋士に扮したパク・ボゴムが、その名も「万里の長城」という男性棋士と対戦するもの。CMの中で「万里の長城」は女性ダンサーに顔を平手打ちされ、さらに勝負にも負けている。こういった内容が「韓国人の勝手な優越感を示している」として、ネットユーザーの怒りに火をつけた。

K・Swiss社は10日、声明文を発表。このCMが「応答せよ1988」にあるシーンから持ってきたものであり、「政治的な意味はない」と説明し、ネットユーザーの理解を求めている。

K・Swiss社の発表に対し、パク・ボゴムのファンからは「説明が不十分」「巻き込まれた形のパク・ボゴムへの謝罪がない」とさらに怒りの声が噴出。だがその反対派からは、「CM内容に疑問を持たず受け入れたパク・ボゴム側にも問題がある」といった声が聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)