ピークは8月12日の夜中ごろ!ペルセウス座流星群の観測のコツとは?

写真拡大

夏の風物詩のひとつ、ペルセウス座流星群が今年は8月12日(金)に観測できるのをご存じですか?

この日は、普段はなかなか見られない流れ星を目にする貴重なチャンス☆

というわけで今回は、観測のポイントをご紹介します!

・流れ星を発見するコツは?

main

老舗の天文雑誌「月刊天文ガイド」の編集部によると、ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群とともに、“3大流星群”に数えられ、活発な活動が見られる流星群。

流れ星はカシオペア座の下、ペルセウス座の左肩のあたりから放射状に飛び出しますが、あらゆる方向に飛び出すので、空全体を広範囲で観察すると、流れ星を見つけやすいのだとか。

・ピークは8月12日〜13日の明け方

sub3

今年の流星群が出現のピークを迎えるのは、8月12日(金)の夜半すぎから、13日(土)の明け方まで。

深夜の時間帯ですが夏休み中の週末とあって、比較的次の日の影響を心配せずに起きていられる、絶好のタイミングなんです♪

また、観測場所のおすすめは、郊外の公園やキャンプ場など人工的な明かりが少なく、見晴らしのよいところだそう。

条件が揃えば、夜空を横切る流れ星をいくつも発見できるかも!

普段は忙しい毎日を過ごしている方々も、この機会にぜひゆっくり星を眺めてみてはいかがでしょうか?

天文ガイド

http://www.seibundo-shinkosha.net/tenmon/

・星(まとめ)