昨日は丸山、倉本とともに入念にコースをチェック(撮影:福田文平)

写真拡大

<リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子 事前情報◇10日◇オリンピックゴルフコース(7,128ヤード・パー71)>
 11日(木)に開幕する「リオデジャネイロ五輪ゴルフ男子」。池田勇太はコースに姿を見せず宿舎でコンディション調整を行い開幕に備えた。
【関連】現地からお届け!リオ五輪フォトギャラリー
 この日は朝から風雨が強く荒れたコンディションとなった。本番でも想定される天候だけにコースで調整を行う選択肢もあったが、前日から悪天候予報が出ていたためこの日を休養日とすることも想定内だった。関係者を通じてコメントを出した池田は「今日の天気分かってたのでそういうの踏まえて練習してたので不安はない」。米国からの移動だったため時差ボケもなく、自身の状態も十分に仕上がっている。
 通常のトーナメントと異なりメダルを争う戦いとなるだけに、はじめから表彰台だけを見すえている。前日を休養としたためまだ開幕の実感はわかないが「トップを狙うのみという感じなのでそういう気持ちで狙って慎重かつアグレッシブに攻める」と意気込んだ。
 メダル獲得へ重視するのが初日の入り方。「良い初日スタートを切れるようにやりたいし、初日が良くてあとはその流れでやることでベストだと思う。そこだけ考えてやりたい」とまずは明日の18ホールに向けて集中力を高めていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>