「八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学」のちくま新書版(左)とちくま学芸文庫版

写真拡大

毎年8月になると、先の大戦にかかわる報道が急に増える。これを俗に「八月ジャーナリズム」という。これに、大きな問題提起を行なったのが、戦後60年になる2005年7月に刊行された、メディア史・大衆文化論を専攻する佐藤卓巳氏(京都大学大学院教育学研究科教授)の手になる「八月十五日の神話 終戦記念日のメディア学」(ちくま新書)である。2014年12月に増補されて、昨夏に評者が取り上げた加藤典洋著「敗戦後論」と同じ、定評ある「ちくま学芸文庫」の1冊に加えられた。

なお、佐藤氏には、「付和雷同のセロンと責任あるヨロンは、かつて別物だった!」ことを通じて戦後を検証した「輿論(よろん)と世論(せろん) 日本的民意の系譜学」(2008年9月 新潮選書)もある。「輿論(よろん)の復権」を唱えた、これまた読み応えのある優れた1冊だ。

なぜ玉音放送の八月十五日が終戦記念日なのか

本著(ちくま学芸文庫)の帯には、「あなたは12月8日と9月2日を覚えてますか?」、また、「戦争の記憶ではなく、戦後の忘却の上に成立する『八月ジャーナリズム』の惰性を超えて。」とある。そして、裏表紙には、「『戦没者を追悼し平和を祈念する日』が制定されたのは、戦後から三十七年が過ぎた一九八二年四月十三日である。ポツダム宣言を受諾した八月十四日でも、降伏文書に調印した九月二日でもなく、なぜ『忠良なる爾臣民』に向けた玉音放送の八月十五日が終戦記念日なのか。この集団的記憶は御聖断による国体護持を重視する保守派にも、八・一五革命(丸山真男)を信じたい進歩派にも心地よい『記憶の五五年体制』の上に構築された。その編成プロセスを新聞の「玉音写真」、ラジオのお盆中継、学校教科書の終戦記述から徹底検証したメディア史研究の金字塔。世界のVJデイ(九月二日)と向き合い、戦争と平和を論じるため、新たに三篇を増補。」と本書の内容が簡潔に紹介されている。

序章「メディアが創った『終戦』の記憶」は、故大島渚監督の、「敗者は映像を持つことができない」という言葉を引きつつ、「玉音を拝聴した国民の姿」を記録した写真も必ずしも多くなく、その瞬間を撮ったとされる写真も、実はその瞬間に撮られた根拠が薄いことを、学問的検証からよどみなく明らかにしていく。その記述に読者はぐいぐいと引き寄せられるはずだ。そして、「おそらく、戦後に生まれた私たちに必要なのは、創作写真を抱きしめることではない。記録写真を持つことができない敗者だったという事実に耐えることではあるまいか。」という。

「国民的記憶の五五年体制」

また、評者が10年前に読んだときから強く印象に残るのが、第1章『降伏記念日から終戦記念日へー「断絶」を演出する新聞報道」だ。ここでは、戦後10年になる1955年を画期として、「八・一五終戦」という「八月ジャーナリズム」が定着し「国民的記憶の五五年体制」が確立していったことが鮮やかに、メディア史から読み解かれている。

なお、第2章「玉音放送の古層―戦前と戦後をつなぐお盆ラジオ」では、甲子園野球中継に触れ、つい先日も女子マネージャーが練習に参加したことがルール違反と指摘され、ネット上でも話題になったが、「なぜ、女子マネージャーを排する試合中の『女人禁制』が頑なに守られていた」のかを喝破し、「現在の多くの国民が甲子園大会に鎮魂行事の真面目さを期待しているであろうことは想像に難くない」というのだ。そして、「内野ゴロでも一塁にヘッドスライディングをする高校野球の敢闘精神と旧日本軍の玉砕突撃は同じ集団儀礼と理解できる」と指摘する。

マスメディアが創りだす「八月ジャーナリズム」の流れに乗りつつも、それを乗り越え、新たな視野や思考を自分に取り戻すために、この夏、必読の1冊だと思う。

経済官庁 AK