アマゾンの新たな宅配手段は「貨物航空機」

写真拡大

アマゾンは、初の「自社ブランドの貨物航空機」を公開した。小売を制するためにインフラに投資をしてきた、アマゾンらしい一手。その戦略はいま、同社に成長と利益の両方をもたらしている。

世界最大のオンライン小売業者アマゾンが、商品を運搬するための新たな手段を発表した。初のアマゾンブランドのカーゴ・プレーン(貨物航空機)だ。

「アマゾンの新たな宅配手段は「貨物航空機」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Amazon One」は、アマゾンが2016年3月にリースに合意した40機の貨物航空機のうちの1機だ。

アマゾンは、とりわけ年間99ドル(日本は年会費3,900円)の超短納期配送サーヴィス「プライム」(Prime)を支えるロジスティクスを効率化しようと、意欲的に努力をしている。そして、複数の貨物航空企業と契約をして、ボーイング767-300をはじめとする航空機を運航させてきた。アマゾンによれば、すでに11機が同社の運送業務を行っており、その数は徐々に増える予定だという。

アマゾンが公開した最初の自社ブランドの航空機の機体記号は「N1997A」。アマゾンが株式を公開した年だ。この番号は「prime number」(素数)でもある。顧客が商品をどこで買ったのか忘れないように、機体の横には「Prime Air」と派手に書いてある。

アマゾンの先見性

航空機の導入は、配送をスピードアップするためだとアマゾンは言う。しかし航空機は、すでに広がっているアマゾンの複雑なロジスティクス網の一端にすぎない。

顧客の玄関に、まるで魔法のように素早く商品を届けるために、アマゾンは世界中に125カ所以上のフルフィルメント・センター(配送センター)と20カ所のソーテーション・センター(仕分けセンター)を設置してネットワークをつくっている。多数の倉庫作業員や配達員を雇い、ロボットも使って(日本語版記事)、商品を休みなく出荷している。自社トラックも使っているし、実験的ドローン配送プログラム(日本語版記事)も広く宣伝している。また子会社が、中国と米国を結ぶ貨物船を運航する予定だとも伝えられている。

こうしたすべては、リテールで優位を保つためにインフラに多大な費用を費やすという、アマゾンの長年の戦略に沿ったものだ。かつてはこの戦略がアマゾンのバランスシートを蝕んでいたが、最近では、この方法が利益を生んできていると見られている。最近のいくつかの四半期で、アマゾンは投資家たちに安定した利益をもたらしてきた(日本語版記事)。代わりに投資家たちは、アマゾンを世界で4番目に時価総額の高い企業にした。

長い間、アマゾンは利益よりも成長を重視してきた。その戦略が十分効いてきたいま、アマゾンは利益も成長も享受できているようだ。

RELATED