交際から確実に「結婚」へ! 専門家が教える“鉄板”6ステップ

写真拡大

狙った彼を、いとも簡単に落とし、順調に交際を続けている女性と......付き合っているのかいないのか、あやふやな関係で終わってしまう女性の違いは一体どこにあるのでしょう?

声だけで、ベストな“結婚相手”が見つかる! 簡単「婚活モテ声」テク【動画レッスン付き】

まず言えるのは、自分を「安売り」している女性か、そうでない女性かということ。

彼を「好き」という気持ちや、「嫌われたくない」という気持ちが強すぎると、彼の「言うがまま」になってしまいがちです。

そのため、会ったその日のうちに体を許してしまうしまう女性も少なくありません。

残念ですが、その行為は今後の交際を長続きさせるどころか、たちまち彼の心を遠ざけてしまう結果になってしまいます。

なぜなら男性は、「簡単に手に入る”獲物”」には興味がないし、「誰にでも簡単に体を許す女」という印象をもってしまうから。

要するに、「彼と交際を長続きさせたい」「結婚したい」と思うのなら、”簡単な女”では願いは叶わないということです。

それと、もう1つ大切なことがあります。

それは、結婚まで進むためには、付き合う前からの「守るべきステップ」があり、「法則」があるということ。

今回は、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、好きな人と結婚するまでの「テッパンの法則」をお伝えします。

ステップ1.「見た目」をロックオンされること

まずは、なんと言っても”見た目”。つまり「外見」を彼にロックオンされなければ、近寄って話をする機会にも恵まれないということです。

厳しいようですが、現実を受け止め、客観的に自分をチェックしてみてください。

「服装」「ヘアスタイル」「お化粧」は、女性と男性では「いい感じ」と思うポイントが違う場合がほとんどなので気をつけてくださいね。

「姿勢」「仕草」「笑顔」も、意識する大事なポイントです。

ステップ2.「類似性」の発見

彼と話をするチャンスに恵まれたら、次は彼と「共通する点」をたくさん見つけましょう。

人は、自分と同じものをもっている人に好意を抱く性質があります。

自分と同じ出身地だったり、好きな食べ物や趣味が一緒だったりすると、いっそう親近感が湧くものです。

このときに、彼との「類似性」をいくつ発見できるかによって、その後の”話題づくり”や、話の”盛り上がり”に差がでてくるので、心して取り組みましょう。

ステップ3.時間と思い出の「共有」

”類似性”の発見ができたら、次は「時間と思い出の共有」です。

人は同じ体験をしたり、同じ時間を「一緒に楽しむ」ことをすると、より印象に残りやすくなり、仲間意識も強まります。

その後の彼からの連絡や、デートのお誘いがくるか否かは、この時間をどれだけ楽しんで「共有」できたかによって左右されると言っても過言ではありません。

この時間は、彼に「また会いたい」と思ってもらえるように、楽しく過ごすことが大事です。

「彼と話をする機会を得る」 ⇒ 「類似性を発見する」 ⇒ 「時間と思い出を共有する」

ここまで進んだら、次のステップに移る前に、この”時間と思い出の共有”を何度か繰り返して、「貴女と一緒にいると楽しい」という印象を彼にもってもらえるように努めましょう。

ただ、この時点で彼と付き合うのはまだ早すぎます。

ステップ4.「自己開示」をする

次のステップは、「自己開示」をすることです。

ここで初めて「お互いの心を見せ合う」のです。

自分の子供の頃の話や、家族のこと、今までの辛い経験などを話すことによって、自然と「秘密の共有」をすることになり、今までの関係以上に「親密性」が増します。

そして、プライベートな話や、辛い経験を話すことによって、彼は貴女に「信頼されている」と確信し、「守ってあげたい」という気持ちも強まるのです。

貴女が自己開示をしたら、彼も同じように自分の心を開いてくれる可能性が高まります。

彼も自己開示してくれて、お互いに信頼し合うことができたらなら、この時点で「交際へGO!」です。

ステップ5. 楽しい未来を「想像」させる

正しいステップを踏んで交際をスタートさせたカップルは、そう簡単には別れることはないでしょう。

しかし、親密性が増すことによって、お互いの”わがまま”が露呈しやすくなりますから、そこを「どう受け止められるか」がカギになってきます。

わがままを言いたい放題だったり、束縛が強すぎたりしては、彼は貴女との「将来」を考えただけでウンザリしてしまうかもしれません。

彼と「結婚したい」と考えるならば、彼に「楽しい未来を想像させる」ことが大切です。

「私と結婚すると、もれなくこんな特典が付いてきます!」みたいなことを、さりげなくアピールしてみてくださいね。

ステップ6.「プロポーズ」してもらう

いよいよ、この段階まできたら、彼にプロポーズしてもらえるよう、貴女からも”仕掛けていく”ことが必要です。

男性は、結婚に踏み切るにあたって、様々な不安を抱えています。

たとえば、「現在の年収でも結婚できるだろうか」「プロポーズして断られたらどうしよう」「結婚したら自由な時間がなくなるのではないか」など。

そういった不安に対して、女性が先回りして話をしてあげることが、彼がプロポーズをしてくれるキッカケにもなるのです。

「私は結婚しても仕事を続けていきたいタイプなの」とか「お互いの時間も、1人の時間も大事にしていきたいよね」という話を、普段の会話の中に何気なく盛り込むことで、少しずつ彼の不安を取り除いてあげてくださいね。

狙った彼と付き合って結婚まで進む人は、ステップ1〜ステップ6の法則に沿って、着実に愛を深めているカップルです。

貴女もステキな彼を射止めてくださいね。