ストレス胃を改善させる3つの方法

写真拡大

 胃の調子が悪いとき、その原因の一つとして考えられるのがストレスです。ストレスが生じると自律神経が乱れます。自律神経は胃腸の働き、つまり消化もコントロールしているため、乱れると支障が出てくるのです。

 例えば、胃腸の働きが悪くなり、胃酸が過剰に分泌され、胃の粘膜が荒れてしまうなどの症状が起きてきます。これが胃炎や胃潰瘍などにつながることもあるのです。

 そんなストレス胃の悩ましい症状を改善する、3つの方法をまとめたので紹介しましょう。

1.落ち込まない・逃げない

実は、人は落ち込んだり悩んだりして意気消沈すると、胃を余計に弱らせるといわれています。ストレスを感じたらやってほしいのが、ストレスを追いかけること。逃げようとせず、受け入れて戦い続けることで、ストレスが負担でなくなるといわれています。

2.ホットミルクなどの温かいドリンクを飲む

温かい飲み物は胃痛を軽減させるといわれています。内臓が温まると消化力が上がります。生姜などを利用して胃を温めましょう。

3.副交感神経を優位にさせる

胃の不調は、自律神経のうち交感神経が優位になることで起きてきます。そんなときには、反対の副交感神経を優位にするために、リラックスすることも大切です。

 ストレスの多い女性管理職のみなさん、ぜひ一度お試しあれ!