元CAが語る「夏休みに増える迷惑な搭乗客」3パターン

写真拡大

夏休みに入り、飛行機に乗って旅行に行くご家庭も多いのではないでしょうか。この時期は土日に関係なく連日子ども連れで賑わう機内ですが、そこにどうやら迷惑な行動をするお客様がいるようなんです。

そこで今回は、キャビンアテンダントとして働いていたT子さんに、“夏休みに増える迷惑な搭乗客”について聞いてきたのでご紹介します。これから夏休みに飛行機に乗って出かける予定がある方は、自分がうっかり迷惑な客にならないためにも必読です!

 

■1:数分の到着時間の遅延に対してクレーム

飛行機でよくあるのが、天候や空港の混雑による到着の遅延です。何時間も遅れたら困りますが数分だったら想定内ですよね?

「飛行機の遅延でお客様にご迷惑をおかけしてしまうのは、誠に申し訳ないと思いますが数分遅れでものすごいクレームを言ってくる方がたまにいて困りました。

優先的に一番におろして欲しいと騒いだり、まだ到着していないのに出口まで歩いていってしまったりされると、思わぬ事故や怪我に繋がるので止めて頂きたいです」

緊急時なら対応してもらえる場合もありますが、勝手な自己都合で騒ぎ立てるのは迷惑行為になります。乗り継ぎのバスや電車は、飛行機到着時間から余裕を持って旅行の計画を立てるようにしましょう。

 

■2:子どもがいたずらしても親が放置

子どものマナー問題は飛行機あるあるですが、それを親が放置しているからさぁ大変です。

「お子様が通路でふざけたり大声を出したり、前後の座席を叩いたり蹴ったり、周りのお客様に迷惑をかけていても注意をしない親御さんがいて困ります。そういうお子さんは、私達が注意しても迷惑行為を止めずお客様同士のトラブルにも繋がります。

挙げ句の果てに、私に対して“綺麗なお姉さんじゃなくてオバさんだからうるさい〜”なんて悪態をついてくる子どもに対してもその親は笑っていたりして。冷静に対応してますが、内心はかなりイラっとしてました」

親が親なら子も子。子どもが迷惑行為を始めたらしっかり注意をしましょう。

 

■3:機内を散らかしたりゴミを置いていく

最近は経費削減のためにキャビンアテンダントも清掃の仕事をすることがある中で、気になることがあるそうです。

「スナック菓子が床に散乱していたり、座席に飲みこぼしがあったりすると清掃に時間がかかり次の飛行機の出発時刻が遅れる原因にもなります。

飲食物などをこぼした時は、呼んで頂ければその場ですぐに片付けることができますので、お知らせして頂きたいです」

中には荷物を減らすために、機内で出た以外のゴミや使用済みのオムツを置いていく人がいるそうです。

わざと見えにくい場所に隠すようにゴミを置いていく人が多いようですが、置いていくなら堂々と目立つ場所に置いてもらったほうが片付けやすいので助かるそう。

 

いかがでしょうか? 子ども連れで出かけると大変なことも多くて余裕がなくなり、「自分も悪気がなくついやってしまっていた」なんてことありませんでしたか?

きちんとマナーを守って、夏休みの家族旅行を楽しく過ごしてください。

(ライター やまさきけいこ)

 

【関連記事】

※ 夏休みの帰省もこれで安心!義理の両親とうまくやるコツ3つ

※ 座席上に荷物を入れるコツは?CAが伝授「飛行機に乗る時の」NG行為4つ

※ 意外…!? 子どもがなりたい職業1位は「航空関係だけどCAではない●●」

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 乳首の黒ずみがみるみるキレイ!? あの美容外科が監修したクリームで愛され美乳に

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 多忙でも心は満足!パリジェンヌ流「豊かに生きるコツ」とは

※ この肉いらね〜!2位太ももより「女性が痩せたいパーツ」1位は

 

【画像】

※ ryanking999 / PIXTA(ピクスタ)