大胆な構図、繊細なタッチで全世界を魅了。江戸時代の絵師・若冲ブームを紹介!

 生誕300年、伊藤若冲(1716〜1800年)ブームが盛り上がっている。FacebookやTwitterで「100%若冲」というプロジェクトもスタートし、世界中を巻き込んだムーブメントが起こっている。

 彼が注目された契機は「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」(2006年・東京国立博物館)。2か月で32万人を動員し、3時間待ちは当たり前だった。

 依然と盛り上がりを続ける若冲人気をフリーキュレーターの林綾野さんは「鳥の羽毛の一本一本まで精緻に描き込むなど、本物そっくりな濃密な絵は何度観ても新たな発見があります。その実物以上の存在とリアリティーに釘づけになります。実は若冲人気は、海外で先に火がついたんですよ」と語る。

 ちなみに、江戸時代中期に若冲は京都の青物問屋(生鮮食品の卸業)に生まれ、30歳から絵を志し、当時主流だった狩野派の門をたたくも、オリジナリティーを追求し独学で絵を探究。一匹狼でありながら晩年は高名な絵師として評価されるも、無欲だったという。その生き様が作品を通して伝わり、現代人の心を打つのかもしれない。

《大人もハマる若冲ぬりえ》

5-171-003
『小学館アートぬりえBOOK 若冲 ぬりえどうぶつえん』1080円(小学館)。

5-171-002
下地をタイル状に区切り彩色する獻凸槁繊覆泙垢瓩き)瓩梁緝什遏慊蚕嘆嵬攷屛風』をぬりえ化。30枚にパーツ分けしてあり、仲間と挑戦だ!

5-171-001(main)
5月には若冲ぬりえコンテストも開催された。

《グッズも人気です》

5-171-005
『伊藤若冲の象ソフビフィギュア』

5-171-004
『若冲ポストカード』各108円 全18種類あり、色調と細かなタッチを再現。額に入れて飾っても。

5-171-006
『伊藤若冲「玄圃瑤華(げんぽようか)」手ぬぐい』1080円 全8種類で草花と動植物が描かれている。

文/編集部